2月初め、訪問するお宅の玄関に立ち、大きく深呼吸。ぎこちない挨拶から始まり、リハビリを始める前の体調観察...なんですが、血圧や体温を測ろうとした時、「腰は痛いし足も痛いし、とにかく歩けるようにしたいのに。歩けないからリハビリ頼んだのに、血圧や体温なんかどうでもいいのに」と少し怒ったように言われ、そのまま何も話さなくなってしまいました。どうしようかと不安を抱きながらの訪問看護のスタートでした。

ご本人の要望通り、痛みを解消するためにマッサージをしたり、筋力の維持向上の運動をしたりして、訪問を続けていました。すると、3回目の訪問が終了する頃から、ほとんどお話されなかった利用者様から、ポツリポツリとお話をされるようになり、今では幼い頃からの生い立ちや最近の出来事など、訪問中のお話しが途切れることがありません。

"あっ、もしかして利用者様も緊張していてそっけなかったのかな?""体がよほど辛かったのかな?"と思い始めたころ、「いつもありがとう。お陰様で痛みもなくなってきたし、そろそろ歩く練習を始めてみようかと思うけど」とご自分から言っていただきました。『ありがとう』なんて言って頂いて、こちらこそありがとうございます。少しでも楽になっていただけて、笑顔をみているだけでとても幸せな気分なのに、前向きな言葉やありがとうなんて言って頂くと、スペシャルボーナスを頂いた気持ちで帰り道はスキップして帰りたいほどでした。

こうしてコミュニケーションが図れたある日のこと、次の訪問日は私用でお休みをいただくことになっていることをお伝えすると、「他の人が来るのは嫌や。日を変えてもいいからあんたに来てほしい」と言われました。困ったなぁと思う反面、とても嬉しくて、早速日程調整をしてもらい、一日ずらしての訪問となりました。その後も、リハビリの回数が減らされないよう「ケアマネさんにゆーといたから、あんたが来てや」と言われ、嬉しい限りです。

最近、家族から楽しそうやなぁと言われます。それは毎日利用者様が待っていて下さるからだと思います。待っていていただけることがどんなに幸せなことか毎日実感しながら、これからもご利用者様が少しでも笑顔になっていただけるよう、全力投球でがんばりたいと思います。

中西.PNG

訪問看護を始めて早や4か月がたちました。

初めは利用者さまのお宅に"時刻通り""迷わずたどり着けるか"ということで精いっぱいでしたが、最近では訪問先周辺の環境などにも目を向けられる余裕が出てきました。なかでもよく見る光景に、デイサービスの送迎車・『介護サービス訪問中』の札が出された車・訪問看護ステーションの車があります。社会資源にはいろいろなサービスがり、それを受けている方がたくさんいらっしゃるのだと実感する今日この頃です。

茨木市周辺のこの環境は、とても素敵だと思います。自宅でずっと生活できるって理想ですよね。生活環境が変わっていく中で、相談できる場所がたくさんあると安心です。私たち訪問看護ステーションもその中の1つです。

私の実家は古い地域性で、家の事は家族でみていくのが当然という感じの場所です。しかしそれには限界がありますよね。。。
『自宅で過ごしたい』の希望が長く続きますように、今日もはあとを乗せてハンドル握ってます!!

B_DSC_0131.jpg

訪問看護の仕事は、看護学生時代にアルバイトで少しやってみて、「私には無理」と逃げ腰だったのを思い出します。他人のお宅にお邪魔して、そのお宅のお台所や洗面所を使ったり、ケアに必要な物がなくて困ったり。自由に身動きできないことの苛立ちがありました。

振り返るといかに未熟だったかがわかります。今では道具が揃っていなくても、訪問先にある物で代用したり、訪問バックに潜ませて持ち歩いたりしてケアを行います。そして、利用者様に喜んでもらえることが、私自身の喜びになりました。

TW_DSC_0109.jpg

重い荷物を背負って出かけるけれど、帰る時には重いとは感じなくなって、「あ、そうだ、アレも入れておこう!」とまた一つ小道具が増える今日この頃です。「○○さん、最近痩せた気がするから今日はしっかり体重を測ろう」「何日もお風呂に入ってないから今日は入浴を勧めよう」「奥さんは(ご主人は)介護に疲れてないかな?」「オムツは汚れてないかな?行ったらすぐに替えてあげよう」など、いろんな思いを胸に出発します。

どんなに重い症状の認知症の方でも、笑顔を見せれば一緒に笑ってくださいます。ありがとうと言ってくださいます。この一瞬の心の通いがあるから頑張れます。"訪問看護は無理です"と言っていた頃がもったいないなぁ~ 

今はもう止められません!

12月もはや半ばとなり、気ぜわしい時期となりました。管理者の髙石です。
寒さ本番を迎え、皆様が体調を崩されないよう、ほんのささやかな気持ちですが、城南宮へお参りに行ってきました。

DSC_0127H.jpg

今回は「あっぱれ!ケアマネさん」

老夫婦お二人でのお住まいで、奥さまは認知症。利用者様は嚥下障害と糖尿病で低血糖を繰り返す為、関わっています。

利用者様は自立でしっかりされていますが、白内障で見えづらく、また難聴もあり、インスリンの自己注射もされています。また食べるのを忘れたり、インスリンの単位を間違えたりで低血糖を起こしていることが度々あり、そんな中、担当のケアマネさんは退院後から毎日訪問されております。

ある日、利用者様の玄関から奥様の叫び声がしてケアマネさんが中に入ると利用者様が倒れていました。ステーションに連絡があり、砂糖を舐めさせて下さいとケアマネさんにお願いをしましたが、利用者様は意識混濁し拒否され意識が遠のく様子があったため、ケアマネさんがQQ搬送されました。

ケアマネさんが訪問しなければ、非常に危険な状態になった事と、奥さまのパニックが続く事で、認知症の悪化が考えられました。
ステーションに連絡頂いた時はとても冷静で、的確な判断をされ、今回のケースではケアマネさんの行動が、利用者様のお命を救われたと思います。あっぱれでした。

DSC_0128H.jpg