走るはーと号!

訪問看護を始めて早や4か月がたちました。

初めは利用者さまのお宅に"時刻通り""迷わずたどり着けるか"ということで精いっぱいでしたが、最近では訪問先周辺の環境などにも目を向けられる余裕が出てきました。なかでもよく見る光景に、デイサービスの送迎車・『介護サービス訪問中』の札が出された車・訪問看護ステーションの車があります。社会資源にはいろいろなサービスがり、それを受けている方がたくさんいらっしゃるのだと実感する今日この頃です。

茨木市周辺のこの環境は、とても素敵だと思います。自宅でずっと生活できるって理想ですよね。生活環境が変わっていく中で、相談できる場所がたくさんあると安心です。私たち訪問看護ステーションもその中の1つです。

私の実家は古い地域性で、家の事は家族でみていくのが当然という感じの場所です。しかしそれには限界がありますよね。。。
『自宅で過ごしたい』の希望が長く続きますように、今日もはあとを乗せてハンドル握ってます!!

B_DSC_0131.jpg