暑中見舞い申し上げます

連日猛暑が続いていますが、体調を崩していませんか?

夏といえば、花火大会にお祭りなどイベントがたくさんありますね。私の夏の楽しみといえば、高校野球です!!
私が、高校3年生の時に母校が甲子園出場をし、アルプススタンドで応援を経験してから高校野球ファンになりました。暑い中、汗を流して、1試合1試合を一生懸命プレイしている選手たち、応援している仲間たちの姿を見ていると感動して泣きそうになります。

image1.jpeg

暑さに強い高校球児でも暑い中の試合で熱中症を起こしている姿を見ます。
そこで、今日は熱中症についてお話をします。

熱中症にならないために
1.体調を整える
睡眠不足や風邪気味など、体調の悪い時は暑い日中の外出や運動は控えましょう。
2.服装に注意
通気性の良い洋服を着て、外出時はきちんと帽子をかぶりましょう。
3.こまめに水分補給
「のどが渇いた」と感じた時には、すでにかなりの水分不足になっていることが多いです。定期的に少しずつ水分を補給しましょう。特に夏場は汗と一緒に塩分が失われるため、経口補水液やスポーツドリンクをおすすめします。
4.年齢も考慮に考えて
体内の機能が発育途中の子どもや、体力が衰えている高齢者は熱中症になりやすいため、年齢を意識して予防を心がけることも大切です。

熱中症になってしまったら
「熱中症かもしれない」と思ったら、まず真っ先にしなければならない基本中の基本をまとめましたので、ぜひ、覚えておきましょう。
1.涼しい日陰やクーラの効いた室内に移動する。
2.衣類をゆるめて休む
3.身体を冷やす
氷や冷たい水で濡らしたタオルを手足に当て身体を冷やします。太い血管のある脇の下、両側の首筋、足の付け根を冷やすのが効果的です。
4.水分を補給する
水分だけでなく、汗によって失われた塩分も補給する必要があります。経口補水液・スポーツドリンクなどを少しずつ分けて補給しましょう。image1.png
軽い症状の場合はここまでの応急処置で大丈夫ですが、意識がはっきりしない(反応がない、意識がない)場合はすぐに救急車を呼んでください。同時に、応急処置をします。
意識がはっきりしない場合の水分補給は厳禁です。吐いてしまった時にのどを詰まらせてしまうからです。もし、吐いてしまった場合は横向きに寝かせて下さい。

2018年の夏は大阪府内で7138人もの方が熱中症により救急搬送されました。どうかみなさん、体調には十分ご注意いただき、今年の夏を元気に乗り切りましょう。
私たち訪問看護ステーションはーと&はあとのスタッフも熱中症対策を万全にして皆様のお宅へ伺います。