看護師の可児(かに)です

デイサービスから、訪問看護ステーションに配属になり半年が過ぎ、訪問する利用者の方々といろいろなお話をさせていただく機会が増えました。

私の名前は「可児」かに、と言います。「岐阜県可児市出身の可児です」とお話しさせていただくのですが、やはりこの辺りでは珍しく、「かじさん」「かごさん」と呼ばれることもしばしばあります。
そんな中、先月から、大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が始まり、今まで覚えにくかった私の名前を、訪問する利用者さんや、ご家族から急に呼んでいただけるようになりました。主人公「明智光秀公」の生誕の地として私の故郷の「可児市」が取り上げられたことがきっかけです。皆様、どうぞよろしくお願い致します。

可児市.jpg

さて、寒さも本番となりましたが、中国の武漢市から広がっている新型肺炎、最近ニュースもこの話題で持ち切りです。皆様も今一番気になる事ではないでしょうか。
新型コロナウィルスの感染を防ぐには、丁寧に手を洗うことが大切です。
ここで、手洗いの方法について紹介します。

<手洗い・爪までしっかり>
①水でぬらした手に石けんをつけ、両手を合わせて、手のひらと甲をしっかり洗う。
②指と指の間は、両手を組むようにしてこする。
③指先や爪の間の汚れを取るように、爪を立てるようにして反対の手のひらでゴシゴシ洗う。
④親指はもう一報の手のひらで包むようにしてきれいにする。
⑤手首の汚れも忘れずに落とす。
⑥最後は、水でよく石けんを洗い流す。石けんがない場合は流水でしっかり洗う。手洗い後にアルコール消毒をすると、より効果的です。

<マスク>
マスクは、感染者や、感染の疑いがある人が着ければ、せきや、くしゃみのしぶきの飛散を抑えることができるので、周囲への感染の拡大を防ぐことができます。
感染していない人がマスクを着用した場合の感染防止の効果は限られているとのことです。なんと!新型コロナウィルスの直径は1万分の1ミリメートルで、マスクの生地の目よりも小さく、素通りしてしまうことが多いと言われています。

体にウィルスが入らないようにするために、手洗い・うがいが1番だそうです!結局、インフルエンザを予防することと同じですね。
こまめに手洗いをすることは、日々面倒に感じることもありますが、自分のためはもちろんのこと、一緒に暮らす家族のためにも徹底していきたいですね。