食事療養のサポートを現場から発信

笑顔

こんにちは☆北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

あっと言う間に桜の季節も終わり・・・

もう4月も終わりです。早い・・・(^^;

季節のお花見、第3弾

IMG_1370.JPG IMG_1374.JPG

4月の初めの滋賀県海津大崎・・まったく咲いていなかった(涙)

来年だね・・と思っていたのですが、どうしても行きたいと言う旦那サン。

翌週にリベンジ(まったく・・・)

IMG_1408.JPG 同じ場所です。天気はあいにくでしたが満開☆

IMG_1413.JPGIMG_1414.JPGIMG_1421.JPG

そして、第4弾

万博公園のチューリップフェアー

IMG_1432.JPGIMG_1424.JPGIMG_1435.JPGIMG_1429.JPG

IMG_1434.JPGIMG_1428.JPG 

チューリップの満喫してきました。

さて、2013年からご利用頂いているSさまが入院されました。

出会った頃はHbA1cが9.6あった70代の女性。ボランティア活動に積極的に参加されていました。

1年くらいかけて7.2まで改善。その1年後には6.2まで改善し維持できていました。

この間、骨折で入院することもあり、少しづつADL低下。活発に参加していたボランティア活動も行けなくなり、自宅で過ごすようになりました。そして、先月入院。入院の理由は腸閉塞。

腸閉塞の治療も終わり、退院のメドがたちそうになった(と思われる)頃にご主人から連絡がありました。

『絶食して、プリン食みたいなものしか食べられなくなった。退院後の食事はどうしたらいいか?』

と、なんとも悲痛な声で。

『まったく問題ないですよ~。プリン食も繊維の少ない食事も用意できますよ』と伝えて電話を切ったのですが・・・

『今日の昼食時に来て見て貰えないか?主治医と話をして貰えないか?』とすぐにお電話が・・・

今日に今日は少し予定が・・・

と思いつつ、入院先の病院へ。(昼食の時間には伺えなかったのですが)

病室へ向かう前に医療連携室のソーシャルワーカーさんの元へ。

いつも仲良くさせて頂いているワーカーさんです。

『いや~、はーとさんが関わってくれてて良かったわ~。ご主人、とてもパニックになってて・・・』

やっぱり・・・

ご一緒に病室へ向い、ご主人とご本人様にご挨拶。

その帰りのエレベーターの中で・・・

『ご主人、あんな笑顔されるんですね。私たち、ご主人の笑顔見たこと無くて。いつも不安な顔しかしてなかったのよ。良かったわ。』

そ~なんだ・・・

ちょっと顔出しただけなんですが、とても安心してくれたようです。

ご主人だけでなく、ワーカーさん達にも安心して貰えて良かった(^^;

少しでも不安が解消できたなら幸いです☆

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_1437.JPGIMG_1438.JPGIMG_1440.JPG

太陽の塔とエキスポシティーの観覧車。

やっぱり晴天は気持ち良い~

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子