食事療養のサポートを現場から発信

利用者様に教わる事

こんにちわ!北摂管理栄養士の徳山です。寒さが増してきましたね。バイクで移動し、事務所に帰ってくる頃には、身体の芯まで冷えております。

免疫力を上げて、風邪をひかないように注意します。皆様も、お身体ご自愛ください。


 先日、90歳女性、腎臓病の方の継続フォロー訪問に行ってきました。

私が地域担当の管理栄養士として、1人で外を回り始めた頃から、はあとを利用して下さっており、およそ3年ほど経ちます。

たんぱく質40g、エネルギー1500kcal1600kcal、塩分6g/日で、日々食事のコントロールされている方です。

介護サービスは利用せず、一人暮らしで、配食を教材に、日々のお食事を工夫しておられます。

11月の検査でクレアチニンが、前回より上昇し、総合病院で検査をされましたが、たんぱく尿(−)、浮腫もない為、進行している訳ではないと医師から言われたとの事。

貧血の数値は、前回より改善し、倦怠感もなく、自立した生活にも変化はありませんでした。カリウムは正常範囲内。間食には、たんぱく質ゼロで、160kcalのエネルギーゼリーや、MCT入りビスケット、ゆめせんべい(腎臓病用の方のせんべい)を食べておられます。

今後も配食と、ご自身で用意される食事のエネルギーに過不足がないか確認し、体重、血液検査の結果に基づいた栄養相談を続けていきます。

夏場より、1日の水分摂取量が少なくなっていたのも、クレアチニンが上がってしまった原因のひとつと考えられ、喉の渇きが感じにくい冬場も、体重1kgに対して30mlの水分は必要である事をお伝えし、お茶をこまめに飲んで頂く事になりました。

前向きで、人に対して感謝を忘れず、いつも笑顔の素敵な方です。

こんな風に、歳を重ねられたら素敵だなと訪問の度に思います。

玄関にいつも生花が、、

「庭にあるもので用意したから、恥ずかしいわ」と仰っておられましたが、許可を頂き写真を撮ってきました。


 
image1.jpeg


 
来年も、変わらずご自宅で、この方らしく過ごしてほしいです。私も頑張ります。

北摂管理栄養士 徳山

 

 

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子