コロナ禍で出来ること。~体力を低下させないための心がけ~

まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
作業療法士の福田です。新型コロナウィルス感染症緊急事態宣言が発出され、なかなか外出が出来ませんが、日々の生活の中で、楽しみや適度な運動を取り入れながら過ごしていく工夫をしましょう。

私たちも感染予防対策として、体調管理、マスクの着用、手洗いや消毒等を行いながら訪問させていただいています。
訪問リハビリの際は、利用者様とのコミュニケーションを大切にしています。何気ない質問でも、昨日何をしていたかな?何を食べたかな?と振り返り考えることは、脳の活性化につながります。また、会話の中で実は昨日こんなことがあって...。と、些細なことでも、利用者様の体調の変化や、困っていることを知ることが出来ます。そんな気付きを大切にしていきたいなと思います。

さて、先ほど ″脳の活性化" という言葉が出ましたが、指先を動かして使うことも、脳を刺激して活性化させる効果があるといわれています。指を使った体操や遊びもその中の一つです。座ったままでも出来、道具を必要としないため、少しの空いた時間で行えますので、一部を紹介します。

まずは、ゆっくり指の動きを確認しましょう。両手をパーのカタチに開いて号令に合わせて一本一本の指を曲げて指折りします。慣れてきたら、歌を歌いながらリズムよく行ってみましょう。指を動かしながら歌う、という違う動作を同時に行うこと(2重課題)でより脳への刺激となります。

《小指と親指を左右交互に出す指体操》♬ 「もしもしかめよ かめさんよ~」
指体操.jpg

スタート:手を握る
①右の親指と左の小指を立てる
②立てた指を閉じる
③右の小指と左の親指を立てる
④立てた指を閉じる

訪問リハビリでは、担当スタッフが自宅で行える自主トレーニングをお伝えしています。コロナ禍でも動かない時間を減らし、ご自宅でも出来るちょっとした運動を心がけましょう。