食べる事を楽しみに

新型コロナウイルスの感染拡大で1年以上自粛生活が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

利用者様宅への訪問時は感染対策を徹底しています。

2年前に、くも膜下出血を発症した方で、水頭症の術後、高次脳機能障害がある50代の女性のお話をさせて頂きます。

(※高次脳機能障害とは、脳へのダメージを原因として知的な機能に障害が出て日常生活や社会生活に支障を来す状態を指します。)

 去年の10月に自立支援型の施設を退所され、自宅に戻られました。左半身・左顔面の痺れ、痛みがあり特に口腔内の違和感を訴えておられました。社会復帰に繋がるリハビリを理学療法士、言語聴覚士が行っています。栄養ケアで訪問した際、「食事時間が辛い、悲しくなる」と発言されていましたが、ケア開始から4ヶ月経ち、食事に対するお気持ちにも変化がみられ「この前、お好み焼きを食べて美味しかった。お餅が好きで以前はよく食べていて・・」と話して下さるようになりました。

言語聴覚士の提案で、感染対策を徹底し、ご自宅で「もちレクリエーション」を開催しました。素敵な笑顔で、「美味しいし楽しいね」と、ぜんざいとみたらし団子を食されていました。

図1.jpg    図2.jpg    図3.jpg     

噛みきりやすい「豆腐白玉もち」を一緒に作りました。これからも食べる事は楽しみで生きる喜びである事を共に実感できるような関わりができたらと考えています。

〇豆腐の白玉もち レシピ〇   

【材料】

・白玉粉 100g(3:1の割合で上新粉でも可)

・砂糖 小さじ2

・絹こし豆腐 80~100g

【作り方】

①ボールに材料をすべて入れ耳たぶ位の軟らかさに練る。

②①を食べやすい大きさに丸めて指先で少し押しつぶし、たっぷりの熱湯に入れる。

③浮き上がってきたら1~2分茹でて氷水に取りザルに上げる。

お好みで、みたらしのタレをかけたり、こしあんを添えて食べてみて下さいね♬