運動で夏バテを予防・解消しましょう!

 

夏は気温が高くジメジメしているため、運動を敬遠する方も多いのではないでしょうか。

実は運動不足は夏バテの原因の一つなのです。
夏バテ対策のための運動といえば、「ウォーキング」です。

日中の日差しの強い時間帯は避け、朝か夕方の涼しい時間帯に行いましょう。

こまめな水分補給も心がけて下さいね。

(汗をかく場合は、電解質を含む飲料がお勧めです)

 ウォーキングを行う目的のほとんどは、足腰を鍛える・体力の向上です。

重りを付けてウォーキングを行う事で、同じ距離でも、「下肢の筋力アップ」の効果を得られます。

【ウォーキングで使う重りの選択】

注意点としては、重さです。足首には約500g~1kgまで手首は250g~500gまでが目安です。

付けていて、少し重い感じがするかな程度です。

重すぎると足の各関節の痛みを誘発してしまうリスクがあります。

 快適歩行速度で歩いても、普段の姿勢を崩しやすいということです。

また、崩した姿勢でのウォーキングが習慣化する可能性があります。

「腰部疾患」や「変形性の股関節症・膝関節症」へとつながり易くなりますので、注意しましょう。

ご自身のペースで、日常に運動を取り入れ、猛暑も心地よく過ごして下さいね。

●三国さんウォーキング イラスト.jpgのサムネイル画像