食事療養のサポートを現場から発信

また来てくれるんだよね??

こんにちは。東京・管理栄養士の六波羅です。

東京の桜は開花宣言です!
靖国神社、開花の目安となる標準木に人だかりができるニュース映像に、
今年も春がやってきたのだなぁと、ほのぼのしています。
それにしても、桜と言えば入学式の頃が定番だったのに、
いつの間にやら3月に前倒し。温暖化なのかな??

近頃、ヒマを見つけては利用者様のご自宅訪問をしています。
今日、訪問したのは腎疾患の女性宅。
担当ケアマネジャーさんを伴い、4回目の訪問です。
ご主人が勉強熱心で、いつも質問攻め!
私は毎回ドキドキ・・いやいや、嬉しい悲鳴です(笑

今回、ご主人が気になっているのは塩分のようです。
この減塩コーンスープは飲んでもいいの?
みそ汁は倍量の湯で溶いてるから、飲んでもいいよね?
酢昆布が食べたいというから、2枚食べさせちゃった。

コーンスープ、みそ汁はパッケージのナトリウム量から、
塩分相当量の算出方法をお伝え。
この計算方法、覚えておくと便利です↓

ナトリウム(㎎)×2.54÷1000=食塩相当量(g)

愛用のみそ汁は、1人前638㎎のナトリウム量なので、
638㎎×2.54÷1000=1.62g
一食あたりの塩分を2g以下にしたい女性の場合、
1杯をレシピ通りに作ると塩分摂りすぎ。
ご主人は塩分を気にして薄めに作っていたのですが、
レシピ通りに作って、汁の少なさをカバーするために
具沢山にするようにアドバイス。
この方法だと、満足度がグンと上がるんです。

塩昆布は、パッケージから出したら大きさにビックリ!
名刺サイズほどのカットに、ナゾの白い粉がビッシリと・・・
どれだけ塩辛いのかと食べてみると、
・・・ん?全然大丈夫!
インターネットで検索すると、1枚あたり0.4g程度と、
驚愕の見た目に反して、思いのほか低い塩分量。
見た目だけで味を判断してはいけない。勉強になりました。
とは言え、2枚食べたら0.8g。
お茶菓子として食べるには、2枚は多すぎ。残念ながら不適格。
1枚の半分ならいいですよ。と言ってみたら、ちょっと不満げ。
そこで、塩昆布を調味料として使ってみては?と提案しました。
水にさらしたキャベツと合わせて浅漬けに。
ごはんに混ぜて酢飯に。
酢昆布の味が好きな女性、それならやってみたいと言って下さいました!

直接ご自宅に行くメリットは、口にしている食料を直に見て、味見もできること。
具体的なアドバイスが叶います。

帰り際、ご主人が問いかけてくださいました。
『六波羅さん、また来てくれるんだよね??』
もちろん!飛んでまいります!!

東京 管理栄養士  六波羅 美幸

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 樋口 和希