食事療養のサポートを現場から発信

感謝を込めて

こんにちは。東京の六波羅です。

通勤の路傍に、桃色の花を見かけるようになりました。
春の気配です。
花だけではなく、鼻の方も春の気配・・・(今年は花粉症がヒドイ・涙)

3年前、期待と不安に胸を膨らませ、立川駅に降り立った日の、
懐かしいような、くすぐったいような気持ちを思い出しています。

右も左もわからず、地図を片手にうろうろしていた土地も、
いつしか自由に移動できるようになり、
訪問を歓迎してくださる関係機関がひとつずつ増えて、
いなげやのお食事を選んでくださる利用者様がひとりずつ増えて、
やりがいも責任の重さも、すこしずつ増えていく日々でした。

人生の先輩方である利用者様のお話は、
戦後の復興の時期と重なることもあり、
どのお話もキラキラしていて、エネルギッシュで、
正に今、私の目の前にいるこの人が、
現在の平和で豊かな日本を作り上げてきたのだと、
改めて畏敬の念を抱いたものです。

そんな皆様に指導なんておこがましい、
例え相談と呼び変えても身の丈に合わない。
恐縮しそうになる私の話を、懸命に聞いてくださいました。
身の引き締まる思いでした。

教えているようで、教えられていたのは、いつだって私の方でした。

名残り惜しいですが、語りつくせませんが、
心より感謝を込めて、ありがとうございました。

私は、この事業を離れますが、
これからも東京で頑張ってゆきます。

初めて立川駅に降り立った日は、抜けるような青空でした。
image.jpg

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
また、どこかでお会いできる日を願って。


株式会社はーと&はあとライフサポート 
いなげやプロジェクト  六波羅 美幸





このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 樋口 和希