食事療養のサポートを現場から発信

時にはテレビの受け売りも・・・

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

朝、夕に限らず、日中も涼しくなった8月末。急激な温度変化に体調くずされていませんでしょうか?

先々月、退院後同居する娘様の介護負担と相談相手に・・・と入院中に病院に訪問し面談となったTさま。豊中市の70代の心不全・腎不全の女性です。

退院の準備も整い、娘様にも減塩やカリウム制限のコツなどもお伝えし、食事も用意万端、いざ退院!

の当日、病院で転倒し骨折(涙) またまた入院生活となり、今度はリハビリも必要となり入院期間が延びてしまったのです。

2か月のリハビリ入院を経て、今回はめでたく退院☆

そんなTさま宅へ訪問して参りました。

最初の入院中のTさまと比べると、顔色も良く、表情も良く安心しましたが

ご本人様に体調を伺うと「あまりよくなくて・・」と浮かぬ顔

聞けば、先週ものすごいめまいと吐き気に襲われ、救急車を呼んだとのこと。

「あちこち調べて、ようやく内耳に問題があるみたいで・・・」

なんと!つい先日テレビで観た「良性発作性頭位めまい症」ではなかろうか?

早速、番組の受け売りですが、人差し指を用いた三半規管のリハビリ?をお伝え(^^;

横になっている時間が長いのが原因なのか確かではありませんが、心配症のTさま。

「いつまた、しんどくなって入院しないといけなくなるかわからない」

という不安が大きく、ストレスもめまいの原因かもしれません。

自宅を歩くくらいであれば、しんどくならないこと、娘様の食事とはーとのお弁当をしっかり食べている間は大丈夫!もう少しゆったり過ごしましょうよ!

と、前回のブログに登場したKさま同様に、話をしているうちに

「独りじゃないし、もっと気楽に構えればいいのよね。」とニッコリ。

新規訪問やフォローの訪問でたくさんの人に出会います。ご本人様もご家族様も最初は、うかぬ顔や不安そうであったり、表情が硬かったり、暗かったり・・・でも、話を聞いて、様々な提案や「大丈夫ですよ。」という言葉をかけることで表情が穏やかになったり、「頑張ってみます。」と前向きな言葉が出てきたり。

「笑顔になってもらえたこと」がこの仕事を10年以上続けてこれた原動力なんですよね~

もっともっと、「言葉」を磨いてたくさんの人に「笑顔」になってもらいたいものです。

時にはテレビ番組の力も借りてね(^^;

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

 

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希