小山祐子のブログの最近のブログ記事

こんにちは、カスタマーセンター小山です。

日中の日差しも暑くなってきました。

先日、京都市植物園は無料開放&、パンまつりがあり、行ってきました。

IMG_20170514_100859.jpg植物園に咲いていました。

パンまつりも盛況で、開始1時間で売り切れ店続出!

京都の人は、パン好きだな~。

財布のひもがゆるんで、ついつい、大目に買ってしまいました(^'^)。

過剰摂取カロリーを消費すべく、帰りは1時間かけて徒歩で帰宅しました。

さて、先日のニュースで、

東京医科歯科大学の藤原武男教授らのグループは、愛知県知多半島に住む高齢者約8900人のデータをもとに、地域の坂道と住人の糖尿病リスクの関連を調べた。その結果、坂道の平均傾斜が1.48度上がると症状が比較的重い糖尿病になるリスクが18%低下すると分かった。藤原教授は、日常的にゆるやかな坂道を歩くことで無意識に筋力を刺激し糖尿病の予防効果が期待できるとしている。」・・・日テレNEWS24より引用。

と報道されていました。

筋肉には糖分を貯蔵して、エネルギーとして消費する役割があり、

筋肉量がもっとも多いのは太ももの筋肉です。

意識して、運動することも効果ありますが、「日常的に」「継続して」

「コツコツと」 がキーワードのようです。

日頃、エスカレーターではなく階段を使用する、

ちょっと遠回りしてみる、

などなど・・・。

また、目標を数値化し、記録するのもお勧めです。

例えば、目標歩数をきめて、歩数計で記録してみてはいかがでしょう?

日常で、ちょっとした工夫をしてみましょう。

管理栄養士 小山祐子

こんにちは。カスタマーセンター小山です。

一つの木に3色の桜の花が咲いていました。

とてもきれいでしたので、一枚。

IMG_20170418_161544.jpg

さて、はーと&はあとには、さまざまお食事のご相談が寄せられています。

その中で、今回は「食べられない」方について。

「食べられない」にも、いろいろな理由があります。

好みによるもの、

食事形態が合っていない、

食べる意欲がない・・・など、

個人個人で、「食べられない」理由がちがっています。

なぜ、「食べられない」のかを追究し、ご家族様や関係機関の皆様と共に追求しています。

カスタマーセンターに、「食べられないから・・・」と第一報が入ります。

たべられなければ、必要な栄養が補えなくなり、体力の低下に繋がります。

体力が落ちれば、また食べられなくなります。

抵抗力も落ちていきます。

負のスパイラルに陥ります。

そうならないためにも、

まずは、「食べられること」が目標です。

どうしたら、食べることが出来るのか、管理栄養士として、知識を蓄え、提案していけたら・・・と思います。

はーと&はあと管理栄養士 小山祐子

こんにちは、カスタマーセンター小山です。

桜の花も、散り始めてきましたが、まだまだ美しいです。

IMG_20170413_152119.jpg

こちらは、鴨川の写真です。ここちよい陽気で、お花見のお客様も大勢いらっしゃいました。

桜の花は、下から散るそうです。

地面の熱が伝わりやすいからだそうです。

さて、栄養指導先の患者様のお話です。

特定健診で、ひっかかり、栄養指導も受けに来られています。

60代女性 一人暮らし。

脂肪肝 高コレステロール血症 高中性脂肪血症。

栄養指導は2016年11月より開始。

おひとりぐらしのため、好きなものを気ままにたべておられ、野菜もたべるのですが、

好きなもの(麺や寿司、惣菜)を食べてからといった食生活でした。

あとは、ストックが大好き。

ひとまずは、野菜から食べることをお伝えし、1食量を配食を通して理解してもらいました。

ストックは、ついつい暇だと食べてしまうため、食べたい時に、その時食べる分だけを買いましょうとお伝え。

3月の血液検査では、コレステロール値はまだ高めでしたが、中性脂肪値が基準値内までさがっておられました。

ストックぐせはまだ治っておりませんが、毎月の栄養指導でこんこんと説明し、少しでも購入する量を減らして頂ければ・・・と思っております。

患者様からも「毎月、栄養指導にくるから、たべる前にちょっと考えるようになった」と。

ちょっとだけでも、意識していただけたのなら、望み有!

再度、ご自身の目標を考えてもらい、達成までの行動目標をたててもらいました。

長年の食習慣をがらっと変えることはむずかしいのですが、少しずつでも意識変容していただけるよう、アドバイスさせていただければ・・・と思います。

カスタマーセンター 管理栄養士 小山祐子

こんにちは。カスタマーセンター小山です。

桜もちらほら、咲き始めました。京都御所の桜です。色とりどり、とてもきれいでした。

IMG_20170401_164137.jpg

さて、今回は、「味付けに慣れる」をテーマに紹介したいと思います。

配送スタッフより、「最近、はーとの食事がおいしく感じ始めた」という一言がありました。

食べ始めたころは、「薄味でおいしくない」というのが、率直な意見でした。

しかし、ここ最近は食べる頻度が増えたことにより、「薄味に慣れてきた」のではないかと。

日本人は、塩分の過剰摂取傾向にあるといわれています。

日本人の1日あたりの平均塩分摂取量(厚生労働省『平成25年国民健康・栄養調査結果の概要』)は

男性では11・1g、 女性では9.4g程度。

厚生労働省の1日あたりの塩分摂取量の目標値は、

男性・・・・8g  女性・・・・7gです。

明かに摂取過多にあります。

でも、ご自身で調理したり、惣菜購入、外食が多い方には、難しい目標数値であるのは事実です。

そこで、「管理栄養士による」栄養価計算された食事を1日1食食べることができたならば、

塩分調整も用意にできます。

何も考えずに、食べ続けるだけでよいのです。

そうすると、体が薄味になれてきて、惣菜や、外食が塩辛く感じるようになり、

さらに、自分で用意する料理も、自然と薄味になってくるものです。

今回の、配送スタッフの体験談がその証拠です。

減塩に取り組みたい方、一度、はーと&はあとにお問い合わせくださいませ!(^^)!

IMG_20170402_185703.jpg

塩分調整食です。

揚げホキと里芋の煮つけ・ブロッコリーとハムのソテー・なばなのフレンチサラダ・小松菜のしょうが和え

エネルギー483Kcal 塩分2.0g。

カスタマー管理栄養士 小山祐子

こんにちは、カスタマーセンター小山です。

3月も半ばですが、まだまだ寒いです。

さて、先日、栄養指導先にて、指導2回目の方がいらっしゃいました。

1月はHbA1c10に近かったのですが、

3月の結果では、HbA1c7.0に。

総コレステロール、中性脂肪も範囲内に収まっていました。

体重も5キロ減。

この方は、お酒が好きで毎日飲酒していたのを、週1回に減らし、

だらだらと間食していたのを、時間を決めて食べるように、

但し夕食後のお菓子は禁止。

昼食はラーメンか丼といった単品メニューから、奥様のお野菜たっぷり弁当へ切り替え。

さらに、夕食後に1時間程度の散歩と、生活習慣をがらっと見直しされました。

また、食事記録もされており、

朝・昼・夕・間食・アルコール・運動・体重とわけて記録。

とてもがんばっていただきました。

数値改善が、なにもよりもうれしい。

励みになります。

楽しみは残しつつ、メリハリをつけた生活を続けていけるよう、提案力をアップしていきたいと思います。

IMG_20170305_101528.jpgIMG_20170305_095925.jpg

実家に帰省した際、有志で開催されていたプラレール展示行ってきました。

全て個人の持ち物。すごいです。

カスタマーセンター管理栄養士 小山祐子

小山

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子