食事療養のサポートを現場から発信

体重が増えた!

こんにちは。東京・管理栄養士の六波羅です。

タイトルを見て、ネガティブな(?)感想を抱いたのは、

家族から、医師から、あるいは移動を続ける自身のベルト穴から、

痩せなさいと指令を受けている方でしょうか。

生活習慣病の相談を受けることが多かった、かつての私にとっても、

体重増加=ネガティブなこと、でした。

その女性がしばしば口にする台詞は、

「どうしても食べられないのよ」

私にも、日々食事を届ける配送員にも繰り返しおっしゃいます。

体重もどんどん減り、とうとう33㎏にまで。

このままではいけないと思い、ご自宅へ訪問しました。

実はこの女性には、少し前にもアドバイスしていた事柄がありました。

ドラッグストアで手に入れやすい、少量かつ高カロリーの栄養補助食品を取り入れること。

このアドバイスは、女性には適していなかったと、

玄関に入ったとたんにわかりました。

部屋の隅に、飲みきれずに余らせた補助食品の箱が2段も積んであったからです。

私...「ごめんなさい、お好きじゃなかったですよね...」

女性...「違うわ、私の舌が悪いのよ、何を食べても美味しくなくて。

でも、冷たいものならなんとか。カップアイスを何回かに分けて食べてるの」

私...「居酒屋メニューに、バニラアイスに黒蜜ときな粉をかけたものがあって、

それがとても美味しいんです」

女性...「へえ、初耳だわ。やってみようかしら」

それから数週間経ち、配送員から報告がありました。

女性はヘルパーさんに頼んで、

黒蜜と、数種の豆のブレンドきな粉を買ってもらい、

ヨーグルトに混ぜ、毎日毎日食べてくださったそうです。

すると、体重が3㎏も増加。

体重が増えた!

嬉しすぎてバンザイ三唱\(^o^)/

体重が増えたことばかりでなく、

アイスをヨーグルトにしたり、ブレンドきな粉を使ったりと、

工夫をしてくださったのがとても嬉しかった。

私のアドバイスを、より実践しやすく自身で考えてくださった。

とても大切なステージの変化です。

この仕事をするようになり、

食べられない悩みを持つ方が多いことに衝撃を受けています。

食べることは生きること。

食べる喜びを持ち続けるための方法を、

利用者さまと共に見つけていきたいと思います。

さて、秋も深まり、マラソンシーズンとなりました。

10月最後の週末は、21.0975㎞を走るハーフマラソン大会でした。

ハチ公のように忠実なワタクシ(笑)、

コーチから無茶振りされたハイペース指令を律儀に守り抜き、

1時間50分50秒でゴール。疲れました...

11月はいよいよ、勝負レースのフルマラソンです。頑張るぞ(^^)b

東京いなげや  管理栄養士     六波羅  美幸

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 原 満
  • 竹輪 美里
  • 富林 かおり
  • 山本 博子
  • 杉原 和希