食事療養のサポートを現場から発信

ダイエットのお手伝い

こんにちは☆北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

すっかり、夏日の今日この頃・・・

紫外線対策必須です(ー ー;)

週末お伺いしたTさま。70代の女性。減量目的での相談です。

試食のお弁当を持参しての訪問となりました。

早速、お持ちした食事を開けて・・・・

『え~っ!!わたし、この3倍食べてます・・・』とやや絶句(^^;

そう、一目瞭然で食べ過ぎが実感できるのです!

それから普段の食事内容をヒアリング。

『ご飯は食べたらアカンと思って、これを2/5程度食べてます。』と見せてくれたのは冷凍したご飯。約200g程度。このご飯をご主人が3/5、奥様が2/5食べている様子。3倍・・というのはおかずが3倍のようです。

ご主人の摂取量も問題ですよね。ここも指摘をしつつ・・・

聞けば、ホウレンソウ一束を購入したら、一束全部使って1食のおかずにしているとか・・・

そう、材料を用意するところから量が多いのです。

そして・・・・『骨を丈夫にしようと思って、ヨーグルトも食べてます。』

いつも使っている器も持ってきてもらって量の確認。今度は私が絶句(^^;

大きい・・・150g位は余裕に入りそう。

『これに、ヨーグルト、果物、きなこ、すりごま、ココアを入れて食べるんです。ココアも身体に良いって聞いたから。』

ちなみに、きなこもすりごまも大さじ1杯以上。そしてココアも純ココアでなく、ミルクと砂糖の入ったココアでした。

ヨーグルトは450gを5回くらいに分けて食べるように。

きなこもすりごまも小さじ1杯に、ココアは純ココア(砂糖もミルクも入ってないモノ)に替えること。

そして、ご飯は150g位は食べ、おかずの量は届くお弁当に入っているくらいにすること。

はーとから届くお弁当は、4つのトレーにご飯とおかずが入っています。これらのトレーは使い捨てですが、洗って保管してもらい、自宅で調理したおかずを一旦トレーにつめて量を確認してから食べる、という使い方ができるのです。

もちろんTさまにも、この方法を説明し利用していただくことに。

また来月来ますねとTさま宅をあとに・・・

週明け、担当ケアマネージャーさんへ報告へ。

すると・・・

『Tさま、怒られた~って言ってましたよ。で、作ったおかずを容器に詰めてましたわ。これくらいしか食べたらアカンねんって言いながら』と苦笑い。

え~っ、そんな怒ってないけどなぁ~

まっ、いいや、やる気になってくれたんならね(^^;

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子