食事療養のサポートを現場から発信

治療の一環です

こんにちは☆

北摂管理栄養士の大都です(^^)

 

いよいよ今年もやって来た梅雨入り。

原付で移動する私たちにとっては不快な季節です。

いや、一年で快適な時期はホンの数週間か(--;

 

久々にあった人から、よ〜焼けて...と言われたところです。

もう既に日焼けしてるなんて。夏はこれからだと言うのに・・・

悩ましい(ーー;)

 

そんな今日この頃...

 

ある訪問診療をしているクリニックを訪問したところ

先生から

『ちょうど良かったわ。栄養が足りてない患者さんに、一緒に話してやってくれない?』

聞けば、心不全の女性の患者さん。

食べてるとは言うものの、痩せてくるし、歩けなくなりつつあり・・

ちなみにリハビリのプログラムも先生が直々に指導してます。

 

早速、診察室の奥へ通され・・・

リハビリをするには筋肉が必要、その筋肉になる為にタンパク質は必要不可欠だと説明。

『筋肉のモトになるタンパク質をちゃんと摂ってないと、せっかく頑張ってるリハビリも、効果ないとは言いませんが、効果が薄いですよ。』

 

と、ここで、先生から一言

『効果ありません!』とピシャリ(^^;;

 

『Mさん、死ぬ前に寝たきりでオムツ変えて貰いながら10年過ごすのと、元気に10年過ごすのとどっちを選ぶの!?元気に過ごしたいなら、食べないとあきません!』

 

先生、怖っ(^^;;

 

患者さんを想うキモチの表れでしょうが(^^;;

 

『旦那さんを亡くした女性は、

これで毎日の食事作りから解放だ〜♪

となり、食事が簡素化され...

菓子パンになり...

お菓子になり...

スナック菓子になっていくんです。こうやって、栄養不足になるんですよ。』

 

居ました、居ました、こんなケース。思い当たる方、いませんか?

 

『食事をちゃんと食べることで、無駄なサプリメントを飲む必要なんて無くなるんです。それぐらい食事は大事なんですよ。』

 

そぉなんです!先生の言うとおり!

 

あれ?私の出る幕が(^^;;

 

『はーとさんの食事が少々、不味くても、口に合わなくても、しばらく続けてくださいよ。これは、治療の一環ですからね。』

 

少々不味くても...は余計です、センセ(^^;;

 

と、先生と私から説得?され配食スタートです。

 

地域の在宅を支える先生と一緒に「食べることの大切さ」を伝えていきたいものです。

 

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

 

 

 IMG_0549.JPG 先日、熊本城へ行ってきました。

IMG_0551.JPG そこにあった巨大な樹齢800年のクスノキ。(よ~く見ると私が木の傍に立っておりますが・・・)高さ30メートルです。

 

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子