食事療養のサポートを現場から発信

HbA1c改善!

こんにちは。北摂事務所の仲野です。

毎日暑いですね(××)熱中症にはお気を付け下さいませ。

私達栄養士はクリニックへ栄養指導に行かせて頂いています。今回はご夫婦で指導に来られている方のお話。

初回は4月でした。60代のご夫婦で対象はご主人。健康診断でHbA1c7.0、中性脂肪が332になり、急いで栄養指導に来られました。

ご主人は165cm、体重65kg。太りすぎというわけでもなくご本人様は「そんなに食べていない。間食も外食もほとんどしない。毎日1万歩 歩いている。ビールは毎日飲むけど500ml 1本に抑えている。これをやめろと言われたら死んだ方がまし!」と豪語していました。

そんなに食べていない・・・・。ほとんど外食をしない・・・。何を基準に?つまみは?食事の時間帯は?普段の飲料は?など色々聞いてみました。

まず、時間は朝7時、昼12時、夕食は21時には終わっている。就寝は24時ごろ。

まぁ、仕事もあるのでこの時間帯はいいでしょう。次につまみ。ピーナッツ、あられなど。これを野菜、冷奴に。

ここまでを5月まで継続。次に食事量。そんなに食べていない。というのは曖昧だったので配食を勧めました。そこで5月中旬から週3回。夕食に利用。

6月の栄養指導時には「こんな量やったんか。良く分かった。食べ過ぎていたな」と感心していました。

「物足りないけど頑張ってみる」と仰っていました。奥様も「朝、お腹がすいてるの。こんなの初めて」と仰っていました。

そして、今月、HbAc1が7.0→6.5に。とっても喜んでいました。(^^)

「配食のモデルケースになるんちゃうん。俺。やるやん!次はHbA1c6.0になりたい!」とご本人様大満足。「でも、ビールはやめないよ」と笑っていました。

無理せず、頑張りましょう(^^)次回は9月!楽しみにしています。

㈱はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 仲野ひとみ

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希