食事療養のサポートを現場から発信

軟菜食

こんにちわ!北摂管理栄養士の徳山です。

日中はぽかぽか陽気で気持ちがいいですね。利用者様の自宅訪問すると、まだコタツにストーブ、足が冷えるから、、と。

高齢者は暑さ・寒さに対する感覚が鈍くなり、身体の反応も弱くなっています。これから気温が上がってくるので室温の調節、水分摂取の声かけは、必ずして帰ってこようと思います。

 

さて、この間から配食をスタートされた利用者様の話です。

胃癌で胃を2/3切除され、退院後もしばらくは、消化の良い食事を必要とされています。病院で栄養指導もうけたけど、奥様が毎食だと準備が大変!とまいっておられました。

胃を休める為に軟菜食(消化のよい食事)を毎日夕食に届ける事に。軟菜食は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の方にも適したお食事です。

 

●胃切除後、気をつけること●

①1回の食事量は無理せず少なめに、数回に分けて食べましょう

②よく噛んでゆっくり食べましょう(※食事中、水分で流し込む事のないように)

③食事時間は規則的に、食事内容は段階的に進めましょう

繊維の多い食材、脂質の多い肉、揚げ物、香辛料は、胃に負担をかけてしまうので、控えた方がよいです。

大豆は加熱により、消化率は向上しますが、枝豆、炒り大豆等、大豆そのものは避けた方がよいです。豆腐、きなこは大丈夫です。

 

奥様には気をつけたい食材一覧と、参考メニューをお渡ししました。

体調も少しずつ回復され、普通食を食べても問題なくなるまで、お役に立てたらと思います。

☆4/28夕の軟菜食☆

IMG_5345.jpg軟菜食.jpg 

・チキンチャップ・大根の煮物

・チンゲン菜の胡麻和え

・アスパラと玉ねぎのサラダ

(エネルギー553kcal、タンパク質21.5g、脂質9.0g、塩分2.4g)

↓↓↓ はあとのHPに、食事療養のポイントが載っているので、是非参考にしてみて下さい!

http://www.810810.co.jp/point/ulcer.html

 

管理栄養士 徳山 沙紀子

 

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子