食事療養のサポートを現場から発信

好きなもの食べたいけど・・・

こんにちは。北摂管理栄養士 樋口です。

 

本格的な冬到来ですね。日が暮れるのもすっかり早くなってきました。

寒い日は温かくて濃いコーヒーを飲むとほっとします。

皆さんは寒い日何が欲しくなりますか?

 

さて、今回は、胃がんにて内視鏡手術された方の新規訪問に行ってきましたのでお話したいと思います。

 

70歳代女性。今年に入り体調不良訴えられていましたが検査しても原因分からず自宅にて療養。再度体調不良の為受診した所、高度貧血見つかり精密検査にて胃がんと診断受け、内視鏡手術を受けられました。

入院中に、刺激物・消化に悪い物を避けることと話はありましたが、コロナの影響でお見舞いに行くことが出来ず、調理を担当されるご家族様より、『具体的にどうすればいいか現物を見ていないので分からない、食事療法について教えてほしい』とご相談があり面談の流れとなりました。

 

本人様「退院出来たのだからお寿司や焼肉など色々食べたい!」

 

お気持ち痛いほどわかります( ;∀;)

でも・・・消化管手術をされた方が退院後にいきなりハードな食事をされた結果体調を崩された方、再入院された方が過去に何名かおられましたので、期限付きで消化によいお食事を食べることを提案致しました。

 

樋口「10日後に再度経過観察の為の受診があるので、それまでは消化によいお食事を。受診後に今後の食事をどうするか考えましょう」

 

ご本人様納得され、当社の消化に良いお食事(軟菜食)を夕食に毎日召し上がっていただくこととなりました。また消化によい食材・調理方法の一覧表をお渡しし、朝・昼食の食事つくりの参考にしていただくようアドバイスを行いました。

 

その後受診にて、医師より「体調回復したので、普通食食べても大丈夫!」とお墨付きをもらったため、療養食を卒業となりました。

 

実際にお食事を利用されたのは半月ほどの為あまりお話ができませんでしたが、退院後体調を悪くすることなく普通食に移行することが出来て本当に良かったです。

ご本人様が今も好きなお食事を楽しく召し上がっておられるのであれば嬉しいです(*´▽`*)

 

〈TaBeLu+倶楽部 デジタルカタログは下記をクリック〉

https://www810810.meclib.jp/heart810/book/index.html

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

https://www.810810.co.jp/download/

DSC_0157.JPG

コーヒータイム@職場の机

このマグカップは大阪のクリスマスマーケットでホットワインを頼むともらえるアイテムです☆彡

毎年デザインが変わるのでコレクションしています。

今はコロナの影響で開催されていませんがカップだけでも気分が味わえます(*^▽^*)

はーと&はあと 樋口 和希

 

 

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 樋口 和希