食事療養のサポートを現場から発信

『在宅ならでは』~生きる基本は在宅~

こんにちは。北摂管理栄養士の山村です。

あんなに暑かったのが嘘のようです。

寒すぎます(悲)急激な気温の低さ、皆様気をつけてください。

 

先日、ケアマネージャーさんと一緒に利用者様宅に栄養相談訪問に行ってきました。

70歳代、男性、心疾患(塩分制限有り)、心臓ペースメーカー植込、

独居、目が不自由、性格温厚。

当社の栄養コントロール食は毎日昼食、夕食お届けしているので安心なのですが

朝食や生活面のアドバイスをして欲しいと本人、ケアマネージャーさんの依頼でした。

この男性は私が、京都から北摂に転勤となり、初めて担当となった茨木市在住の利用者様です。

新規でご依頼時、病院にお伺いした事を最近の事のように覚えてます。

その時は「塩分制限しなさい、水分制限しなさいと病院から指示は出ていたものの、

全くやる気はない様子でした。ところが、1年8ヶ月程、塩分制限食を継続され、

「食事制限の重要性がものすごくわかった。本当に良かった。教えてくれてありがとう」と言っていただけ、

ケアマネージャーさんも私も大変嬉しい気持ちになりました。

不安がってられた朝食の事や水分制限のお話をしっかりしました。ケアマネージャーさんとヘルパーさんと連携し対策を立てました。

なんとか在宅での生活を安定できているのですが、冬場(寒くて症状が悪化するので)は

施設に入られることになっています。

日程も決まりました。

在宅に戻ってこられるのは来年の5月頃の予定です。本人様は本当に寂しそうでした。

「家がいいよ・・・皆に世話になって生活しないといけないけど、本当に助けてもらって生活できている・・・元気に戻ってきたいな・・・家が生きる基本だしね・・・」

ちょっと涙ぐんでられ、その言葉と姿を見ると、こっちが泣きそうになってしまいますが、

そこはぐっとこらえ・・・

絶対、身体能力が落ちないよう施設で生活して、もちろん無理せずがんばってね!と

ケアマネージャーさんと励ましました。

後日、担当者会議も開かれ、参加しました。

訪問看護の看護師さんも、加わり「在宅で関わらせていただいているもの皆で待ってますから。

戻ってからもこのメンバーで担当させていただきます!」と。

独居で暮らされている方を何とか、皆の連携で支えたいです。

皆、口を揃えて、当然ですが、「家がいい」とおっしゃいます。

在宅での暮らしのサポーターとしてまだまだお役に立ちたいと強く思います。

 201311112152000.jpg

先日、友人が『厄除け』のお守りくみひもを買って持ってきてくれました。

友人とは、小学生からのつきあいです(笑)今は、お互い子持ちの仕事を持つ

母ですが、自分達の子供の頃の話しをするととっても懐かしく楽しい気持ちになりますね~

しかも、鮮明に覚えてる事も多いです。

これって歳???

はーと&はあと管理栄養士 山村 豊美

 

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子