食事療養のサポートを現場から発信

在宅現場での実際を学ぶ!!

こんにちは、サロン管理栄養士の末藤(すえとう)です。

入職して約5ヶ月が経過しました。

少しずつではありますが仕事にも慣れ、利用者様からも本音を聞き出せるようになってきました。

これからも利用者様の声をしっかりと受け止めつつ、良いサービスが返せるよう努めてきます。



今回は勉強会のレポートをひとつ

北摂総合病院ケアプランセンターのケアマネージャー坂本様が中心となり立ち上げたその名も「1202会」略して「02会」という会があります。

ケアマネージャーだけでなく、実際に現場で仕事をされているヘルパーの方であったりデイサービス等で働かれている職員の方などが集まって交流や現場の声を共有することを目的として様々な職種や事業所の方々が参加されています。

その02会が4/18にデイサービスはーと&はあとで行われました。

もともとは坂本様の思いつきから出来上がった企画。

料理研究家の辰巳芳子先生の著書「あなたのために いのちを支えるスープ」から「実際に利用者様の自宅へ行き、日々料理を提供しているヘルパーの方々にもそれぞれのいのちを支えるスープのレシピを持っているのではないか。」

そこで各事業所からヘルパーとして仕事もされているサービス提供責任者の方々に調理実演も含んだ内容でレシピ共有をしようと話が出来上がっていきました。

その中で管理栄養士も参加させていただきレシピに対してのコメントであったり、管理栄養士から見てのアドバイス等も含んではと話が膨らんでいき「栄養士×ヘルパー食事勉強会」が開催されました。

まず初めははーと&はあと管理栄養士の仲野さんより「糖尿病食」についての講義があり、

柚木ホームヘルパーステーションの井上シェフ
やさしい手茨木訪問介護事業所の谷村シェフ
葦原ヘルパーステーションの上田シェフ

この3名による調理実演スタート!!

調理の合間には実際の現場での体験談も聞かせていただきながらそれぞれ工夫を凝らした料理を披露。

ヘルパーの方々は限られた時間の中、利用者様の自宅にある食材・料理器具で食べていただけるものを提供する。

その大変さとヘルパーの方々の凄さを間近に感じることができました。

スープ以外にも盛りだくさんな内容になり、予定時刻を過ぎてしまうほど皆さんからたくさんの質問が飛び交い、自分自身とても勉強させていただきました。

また、在宅の高齢者の方々を支える事業所として、実際に現場に入られているヘルパーの方々との連携も非常に重要であることを強く感じました。


ご協力いただいた皆様に深く感謝いたします。




サロン管理栄養士 末藤(すえとう)

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子