食事療養のサポートを現場から発信

ご家族みんなで・PART2

こんにちは。東京管理栄養士の六波羅です。

訪問の管理栄養士として外回りをするようになって、
初めての夏が終わろうとしています。
何とかかんとか持ちこたえました!
ひと夏で、たくましさとメラニン色素が増えました(笑)

前回のブログで、
ご夫婦やご家族でのご利用が増えているとお話しました。
引き続き、大・歓・迎!です。
そんなわけで今回は、とある親子のご利用者さまのお話。

きっかけは、お母様へのご利用のための訪問でした。
お母様は96歳。
糖尿病・高血圧・脂質異常はありますが、
服薬で上手にコントロールできています。
デイサービスの食事は完食しているにもかかわらず、
3ヶ月で3㎏ほど体重減少しているのが気になり、
ご利用開始となりました。
お母様はご高齢とあって、面談は担当のケアマネージャーさんと長男様。
お母様についてお話するうち、話の内容は次第に長男様本人のことへシフト。

「実は私も糖尿病で通院中でして・・・」
・・・ふむふむ。お聞きしましょう!!
ヘモグロビンA1c7.3%・三種類の経口薬を服薬中。
身長160㎝・体重80㎏。
聞けば、最近通院先を変えてみたとのこと。
担当医を変更するということは、すなわち改善したい意志の表れ。
そこで、女子(笑)二人でアタック開始!
ヘモグロビンA1c6%台と体重減少にチャレンジしませんか?
そしてついでに、減薬も目指しちゃいましょう!
ケアマネージャーさんとロクハラ、猛アタック(爆)
そして・・・
お母様と共に、配食を開始と相成りました。

食事療養は、ご家族を巻き込むのがイチバン。
なにより、お母様を介護するたちばの長男様が元気でなくっちゃ。
お母様は増量、長男様は減量。
やりがいありそうです!

さて、お待たせいたしました。
ブログの文末恒例となっている、
『ロクハラの余計なひとこと』のコーナーです(笑)

六波羅家の夏の風物詩はゴーヤ栽培です。
IMG_1122.JPG
今年も豊作、チャンプルーにしたり、佃煮にしたり。
ご近所さんからも大人気☆
夏の名残りを満喫したいと思います。


東京・管理栄養士 六波羅 美幸

 

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 原 満
  • 竹輪 美里
  • 富林 かおり
  • 山本 博子
  • 杉原 和希