食事療養のサポートを現場から発信

透析導入延期が目標

こんにちは。京都管理栄養士の山村です。

朝夕、寒くなってきましたね~そろそろカイロ持参で出勤しないとバイク移動が寒いです。

先日、ケアマネージャーさんのご紹介で訪問してきました。

70歳代、女性、慢性腎不全、高血圧、脳梗塞の既往歴もあり。

夫婦2人暮らし。性格、非常に明るく楽天家。お孫さんも大勢おられ、なにかとにぎやかで楽しそうです。

が病状が問題です。病院の主治医からは、このままの生活を続けると、透析療法が必要と言われたとの

事です。大きい病院の出力されるデーターは、透析導入予定時期を年月日まで記載されていました。

本人さんもそれを見て、これはなんとかしないと・・・・とケアマネージャーさんに相談された模様です。

腎機能はなかなか回復させるのは難しいですが、悪化をさせないよう腎臓を守るしかない事を

しっかりお伝えしました。

とにかく、腎臓病食を届けてください!よろしく!と。毎日、昼食夕食お届けする事になりました。

病状とは裏腹にかなり、明るい(笑)落ち込まれるよりいい事ですがね。

本人さんも、こんなに腎臓悪いのに、痛くもかゆくもないしね~と。

でも、そういえば若い頃からかなりの高血圧やったわ!その頃から制限必要やったんかね~。

そうなんです。重症化する前に取り組んでいかないといけないのです。

今は透析療法の先延ばしを目標とし、取組みましょうと決意を確認しあいました。

はーと&はあとの管理栄養士として、これからも

1日でも食事療養のスタートを切っていただけるよう、日々活動していきます。

はーと&はあと管理栄養士 山村豊美

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 原 満
  • 竹輪 美里
  • 富林 かおり
  • 山本 博子
  • 杉原 和希