食事療養のサポートを現場から発信

新たな気持ちで頑張ります。

こんにちは。北摂事務所の仲野です。

お正月、皆様はゆっくりできましたでしょうか?私は大掃除もそこそこに慌ただしく年を越してしまいました。

さて、今回は年末にお客様にお電話でご挨拶をさせて頂いていた時のエピソードです。

50代・女性・腎不全。1年半ほど前から夕食を毎日ご利用いただいております。

サービス利用開始当初から「何とか透析を回避したい」と強い希望があり食事療養にも前向きだったのですが食事が進まずカロリー不足、偏食があり気持ちとは裏腹になかなか行動に移せないとご本人様も悩んでおられました。

3か月に1度は訪問し調理方法や特殊食品の提案などもしておりましたが、ついに年末に医師から「透析」を言われたそうです。

私としては自分の力不足を痛感していたのですが、ご本人様は「ふっきれました。食事制限も緩和されるし、通院する度にドキドキしなくてすみます。結構、気分的にしんどかった。2016年は新たな気持ちで食事と向き合います」と仰っていました。そして「はーとの食事があったから透析開始を遅らすことも出来たと思っています。」と有難いお言葉も頂きました。

本心ではないと思いますが、そうやって何とか前向きに!と思われている事に少し安心しました。

透析が開始されても食事療養は続きます。これからもサポート出来ればと思います。私も気持ちを引き締めて2016年も頑張ります!

(株)はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 仲野 ひとみ

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希