食事療養のサポートを現場から発信

覚醒したらすぐゼリー

こんにちは!京都地域担当の管理栄養士 山本です。

ようやく暑さが和らいできましたね。

最近弊社のやわらか食がぞくぞくとリニューアルになり、新規のお問い合わせも来ています。

先日タベルソフトをご検討中という方の面談に行ってきました。

施設で過ごされている、女性の方。160cm 49kg BMI19

脳血管障害により半身麻痺、認知症有、覚醒状態も日や時間にムラがあるとのこと。

家族様や施設の方は、摂取エネルギー量を増やしたい・食べる楽しみを持たせたい・褥瘡を治したいというご希望がありました。

今のお食事状況を伺うと、お食事時間に覚醒状態が合えば食べられるが、寝てしまわれていたりタイミングが合わないと、お食事がなかなか進まないとのこと。

タベルソフトはメインのおかずと副菜がセットになっており、ごはんを付ければお食事が完成して便利ですが、

この方のように、覚醒状態・喫食量にムラがある場合には、残食ばかりが増えてもったいないかも・・・

そこで高カロリーゼリーを取り入れることをご提案いたしました。

お食事は今施設でご用意されているものを継続していただき、プラスして、覚醒状態の時に「小さなハイカロリーゼリー」や「たんぱくゼリーセブン」を食べていただくことで、エネルギーとたんぱく質を補給するという計画です。

たんぱくゼリーセブン.jpgたんぱくゼリーセブン70g

 エネルギー92kcal たんぱく質7.5g カルシウム200mg 鉄5mg 亜鉛6mg ☆たんぱく質とミネラルやビタミンが豊富

ハイカロ.jpg小さなハイカロリーゼリー40g

エネルギー100kcal たんぱく質5g 脂質4.4g ☆少量でエネルギー量・たんぱく質が補給できる

目を覚まされているタイミング、少し何か食べられそうだなというタイミングで、こういった手軽にエネルギーとたんぱく質をたっぷり含む食品を食べることで摂取エネルギーを増やすことができます。

この方法やゼリーのお味などが利用者様にあっているかなど、様子を見ながらサポートをしていきます。

このようなゼリーや飲み物の商品はいろいろな種類がありますので、低栄養をどうにかしたい・・・摂取エネルギーを増やしたい・・・など思われましたら、一度ご相談していただければ、商品の中から必要な栄養価やお好みに合わせてご提案いたします。

はーと&はあと 京都管理栄養士 山本博子

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希