食事療養のサポートを現場から発信

腎臓は大丈夫でも、塩分制限を

こんにちは。北摂管理栄養士の島田です。

遅くなりましたが、楽天イーグルス優勝おめでとうございます!

マー君で負けた時は星野監督の心労をお察ししましたが、見事巨人に競り勝っての優勝!本当におめでとうございます。(できれば阪神監督時代にも勝って欲しかったけどね・・・)

 さて、今日はそんな勝手な優勝ムードの中、お伺いしたY様(80代女性)のお話です。

学友時代のH様からはーと&はあとのことをお知りになられたとのことで、新規相談訪問になりました。

Y様より

「病院の検査で尿たんぱくが出たのが心配で(実は三か月前の検査でも尿たんぱくが+だったけど特に食事には気を付けてなかった)、腎臓病からの透析が心配になり食事を気を付けないと思って。Hさんも毎日とっていると聞いたし」とお電話いただいた経緯を教えていただきました。

しかし手元には、1月にされた検査結果しかなく(その時の検査では腎臓の数値は正常で問題なし)腎臓がどの程度弱られているのかはわかりませんでした。ただ心疾患をお持ちで足のむくみなども見られたことから塩分制限は必要であることをお伝えし、さらに夏から3kgぐらい体重が減っているとの申告もあり、たんぱく質源の摂取を心がけていただくことをお伝えしました。

昼は外出が多いとのことで、毎日の夕食だけ塩分調整食をご利用いただくことに。

ただ、ここ半年間で腎臓の数値が上がっている可能性も考え、先生に食事内容の確認をお願いしました。訪問日の翌日午前中にかかりつけ医の先生に診察を受けにいかれるとお聞きしたので、通院で相談されることを依頼。その結果を改めて翌日お電話で確認したところ、先生から塩分調整でOKとのことで食種決定の流れとなりました。

その日先生からいただいた検査結果も後日配送員さん経由で提出いただき腎臓の数値はやはり基準内で問題ありませんでした。

Y様にも透析の心配はないことをお伝えし、当面は食事バランスと塩分に注意をしてもらうよう療養のポイントをお伝えしております。

寒くなると塩分の多い食事が増えがちですし、僕たち自身も注意が必要ですね。

 

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子