食事療養のサポートを現場から発信

制限を緩和して療養継続

こんにちは、京都管理栄養士の島田です。

9月に入り朝晩の気温差が出てきましたね。やっと冷房代も少し抑えられそうです。

さて、今日は以前に学会発表をさせていただきましたK様(男性、90代)の腎臓病の継続談です。

朝昼を自炊で塩分、タンパク質制限、夕食を栄養コントロール食(腎臓病対応食)利用で療養が安定されているK様。春先にご訪問させていただきました時も安定しているようでしたが、先日配達員に

「また検査結果が出たので、相談に来てほしい」と声かけをいただき、相談訪問させていただくことに。

いつも素晴らしく安定した結果を拝見していましたが、今回はDrから『少しタンパク制限を緩めてください』との具体的な指示がでたとのことでした。

お聞きすると、実は春先に比べて体重が3kgほど減っていたようです。(訪問した時は少し体重が戻られていました)

Drからは、タンパク制限をしすぎたことで食事量も減っているのではないかと心配され、タンパク制限を緩めても、もっとカロリーをとっていただくことを優先されたようです(当初からタンパク質40g制限を実践されています)

実際に体重の減少と合わせてコレステロールの値が減っていて、カリウムの値は上昇していました。

朝・昼で少しタンパク制限を緩和して(朝の低たんぱく質パンを普通のパンにする。昼のタンパク質源の食品を30gから40gに増やすなど)療養を継続していただくことになりました。加えて間食でもカロリーを補給していただくことを続けてもらいます。

療養には薬だけでなく、食事と運動が大切と毎回力説されるK様。体重と合わせて体力が維持できるようサポートしていきたいと思います。

仕事とは別ですが先日、滋賀県浜大津で開催された牛肉フェスに参加してきました

知人が「牛すじカレー」を3000食店頭販売するということでの助っ人参加です。

IMG_2892.JPG

炎天下の中、二日間呼び込みで売り子してました。味は絶品で10月にはネット販売も予定しているようです「ココカラ・フォーエバーキッチンのプルプル牛すじカレー」よかったらご賞味ください。

IMG_2894.JPG

合計30店舗が出店され、色々な牛肉料理を堪能してきました。

なんと1位をとったお店は本社中京区の近くの焼き肉屋のローストビーフ丼でした。今度ランチに行ってみようと思います。

はーと&はあと 管理栄養士 島田

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 原 満
  • 竹輪 美里
  • 富林 かおり
  • 山本 博子
  • 杉原 和希