食事療養のサポートを現場から発信

こんにちは!北摂管理栄養士の徳山です。気温、湿度が上がるこの時期、食中毒にお気をつけください!

先週、茨木診療所で毎年恒例の食中毒予防講習会を行いました。

今回は、いつもよりも少し掘り下げた内容、食中毒の種類等も詳しくお話しし、トピックスとして、HACC(ハサップ)の内容も伝えました。

HACC(ハサップ)については、他部署の太田さんの助言も頂き、大変有意義な講習会となりました。

食中毒.jpegのサムネイル画像

(大阪府HPより)

食中毒予防の原則としては、菌を①つけない②ふやさない③やっつける

危険温度帯(1060)は最近が急速に増殖します。危険温度帯に食品を置かないことが重要です。

家庭でできる食中毒の予防6つのポイントとは?!

①食品の購入・・・消費期限の確認。持ち帰り時間が長ければ、生鮮食品は特に保冷剤()等と一緒に持ち帰りましょう。

②家庭での保存・・・買い物から帰ってきたら放置せずに早めに冷蔵庫へ。冷蔵庫は10℃以下、冷蔵庫は15℃以下に維持されているか確認。

③下準備・・・こまめに手洗いをしながら作業する。肉・魚類とそのまま食べる食材(野菜)を切るまな板を分ける。または、まな板を洗って熱湯をかけておく。

④調理・・・加熱は十分に行う(中心部分の温度が75度で1分以上)

★調理を途中で止めたら食品は冷蔵庫へ

⑤食事・・・盛り付けは清潔な器具、食器を使う。長時間室温に放置しない。

⑥残った食品・・・時間が経ち過ぎたり、ちょっとでも怪しいと思ったら、思い切って捨てる。

温めなおすときは、十分に加熱する。

はあと配食の栄養コントロール食、健康バランス食の消費期限は、昼食は14時、夕食は20時までです。消費期限内にお召し上がり下さいね。

暑くて体力も奪われがちな時期ですが、食中毒にも注意して、快適に過ごしていきたいです。

北摂管理栄養士 徳山

こんにちは☆北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

8月の献立表を眺めながら夏のイメージが沸かないなぁと思う、今日この頃・・・

梅雨が遅かった分、猛暑が短いといいなぁと思っております。

さて、先日訪問させて頂いたTさま。訪問看護の看護師さんからご相談あり、ご自宅へ。

娘様も同席して頂きました。ご自宅のお台所を通って、まず目に飛び込んできたのは・・・

「塩を食べたら死ぬ!」という張り紙(^^;

なかなか過激な張り紙です。

数か月前に糖尿性腎症と診断されて、別に住む娘様が腎臓病のレシピ本を参考に作った夕食を運んでおられたのですが、それでもご本人様が好き勝手に漬物やらお惣菜やらを購入してしまい、娘様が「もう好きにし(怒)。」と夕食のお届けを止めてしまったところ・・悪化してしまった。(当然と言えば当然ですが)これ以上悪くならないように、透析回避のために配食を使ってみたい。

というのが今回の利用経緯です。

血液検査を確認させてもらい、減塩の必要性をお二人に説明。

すぐに忘れてしまうTさまなので、配食のお弁当が届けば、買い物に行く回数が減り、不要な漬物や佃煮を購入しなくて済むように利用になりました。

お寿司も好きなTさま。お寿司は娘様と一緒の時のみに行くようにと約束してもらいました。

「塩を食べたら死ぬ!。」は同居されている息子様が張ったようです(^^;

「漬物、佃煮は買わない。」

という張り紙を追加してもらうことにしてTさまのご自宅を後にしました。

張り紙の効果を願って・・・

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

ここ最近のお稽古花

IMG_2254.jpg IMG_2262.jpg IMG_2272.jpg

毎年、7月のお稽古花として届く「ヒオウギ(檜扇)(左の作品)

災厄除去への祈りを起源とする祇園祭の期間中に民家の床の間や玄関に、魔除けとしてヒオウギを飾るという京都ならでは?の文化があります。

今年も祇園祭の時分が来たなぁと感じる花デス。

haato1.jpg

haato2.jpg

蒸し暑い梅雨の時期がやってきました。デイサービスの利用者様にも、食欲不振や寝不足などの諸症状を訴える方が何人かおられますが・・・

皆様いかがお過ごしでしょうか?

サロン(デイサービスはーと&はあと)では、

水分補給のためのこまめなお声掛け & デイ入浴後の水分補給

のために

色々な工夫ができないか、スタッフ一同 考え取り組んでいます。

「入浴利用された方にはお風呂後にポカリスエットを提供してみてはどうか?(価格の高いOS-1 の利用と上手く区別をつけられないか)」

「デイ営業中に3回、水分補給お勧めの為の声掛け周りをするタイミングを作れないか?」

等、日々様々な意見が飛び交います。

上記の案は実際、サロンで試しに取り組んでみているところです。

水分制限等必要な人にも、注意を払っての検討です。

利用者様が自宅に戻られても、良き習慣が継続できるように、

デイ施設内でも支援をしていきます。

管理栄養士 富林 かおり

こんにちは、カスタマーセンター管理栄養士の島田です。

暑い日が続いたせいで、ニュースでみた紫陽花は枯れ枯れでしたが、やっとまとまった雨模様となりました。これからは集中豪雨に気を付ける季節ですね。

今回は、たんぱくゼリーセブンという補助食品と配食を併用となった方の症例のブログです。

H様、80歳台、女性の方で出血による貧血で2ヶ月前に入院され、一ヶ月後に退院されてきたところです。配送さんの日報で報告で

「本人さん受け取り。退院され、貧血どうでした?と聞いた。消化器からの出血だったと。のみ薬で、様子見と。入院は、疲れると言っておられた。」と報告がありました。

また、

「夕食本人さん受け取り。今は大丈夫やけど、さっきまで鼻血が止まらなかったと言った。血圧計ったら高かったと言った。血圧が上がった時に出るみたいと言った。鼻血出るのはいいが、量が多すぎてびっくりすると言った。安静にしてくださいねと声かけた。」訪看さんからそのような指導があったようです。との報告もありました。

そこで、出血で欠乏しやすい鉄分と皮膚の再生に必要なたんぱく質が手軽に摂れるたんぱくゼリーセブンのサンプルをご提案させていただきました。

試食後、「美味しかったので、また味決めて注文してみたいと思っていると」と感想をいただきました。そして、8種類ある中から4種類を選んで今回届けさせていただくことに。

たんぱくセブン.JPG

強い血管を作るたんぱく質も補っていただきながら、しっかり血圧管理もサポートしていけたらと思います。

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 原 満
  • 竹輪 美里
  • 富林 かおり
  • 山本 博子
  • 杉原 和希