糖尿病の方へのサポートの最近のブログ記事

こんにちは☆北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

世の中はコロナの第三波・・と伝わってきます。

例年恒例の水仙も、梅も愛でることなく・・・

夏の花火大会も無く・・・

秋の文化祭(華展)も無く・・・

普段感じる季節の移りを感じる機会が減ったからでしょうか。あっという間に11月です。

そんな中でもありがたいことに日々の活動は変わらず。

ご利用者様から数値の改善や体調回復のお声もありますが

今日は悪化の声をご紹介します。

糖尿病のKさま。このコロナ禍の中で数値悪化した女性です。

自粛期間と白内障手術後の安静期間とで今まで以上にベットから動かなくなり、訪問リハビリもず~っとお休み。

HbA1cが8.0⇒8.5⇒7.9⇒8.1⇒8.7と悪化の一途。

動かないにかかわらず、ラーメン食べたりお寿司やお好み焼き食べたり。

「少しは下がると思ってたのに。上がると思ってなかったわ。」

「いやいや、何も生活変えてないのに下がりません。」

「足が浮腫んで歩けない。」

「動かないから浮腫むんです」(注意!他にも原因がある方も居ますので一概には言えません)

電話では一向に変わらないので

自宅へ訪問し、コンコンと血糖コントロール不良の危険性を伝え、

とにかくベットから離れる時間を設けるよう提案。

ベットの枕元に水分補給のペットボトルを備え、ベットで寝たまま見れるテレビを設置。

ほとんど動かずに済むようにしているのです。

夕方に届くお弁当も玄関内に常時置いておくよう配送員に指示していたのも中止。

お弁当は届いた時にベットから離れて玄関まで歩いて受け取る。⇒自分で台所まで持って行く。

水分補給のペットボトルはダイニングに置いて、わざわざ飲みに行く。(水分は必ずしっかり摂る方なので、脱水になる心配はありません)

テレビ、エアコンのリモコン、体温計はベット脇に置かない。

ベットからは離れてダイニングの椅子に座る。

訪問リハビリは即座に再開する。

コロナが怖くて・・と言う横で

血糖コントロールが悪い方から重症化しますから。と囁いて。

まだ60代。

しっかり血糖コントロールしておかないと合併症のリスクも高い、心筋梗塞、脳梗塞発症リスクも高い、

万が一コロナに感染したら重症化しやすい。

良いことはひとつもありません!

このタイトルにハッとした方も

日中こまめに動いて下さいね。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

IMG_2642.jpg

久々にお稽古花でも・・・

こんにちは。北摂管理栄養士 杉浦和希です。

朝晩冷えてきましたね。

ちらほら金木犀の香りもしてきて秋が来たことを原付に乗りながら実感しています。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今回はお仕事をされながら食事療法をされているご利用者様についてお話をさせていただきます。

50代男性、毎日平日はお仕事をされ、家に帰宅されるのは22時ごろの方です。

会社では社食があるためそちらを召し上がられておりましたが、家に帰ってから食事を準備をすることが大変でコンビニの弁当やカップラーメンが多く、また夜中に果物や和菓子などを毎日食べられておりました。仕事でもジュースを飲まれており、HbA1cは12%を超えておられました。

このままでは入院となり仕事に支障をきたす為、食事と薬を併用し糖尿病を改善したいとご相談があり利用開始となりました。

初回面談で夕食は毎日当社の糖尿病食を利用、血糖値の上がりにくい食材の一覧表をお渡しし食べたいときはその中から召し上がっていただくことをお伝え、またジュースは控えていただくようアドバイスを行いました。

開始から9か月経ち、HbA1cは6%台に。朝食はどんぶり1杯食べていたごはんを減らし、代わりに納豆などのたんぱく質をプラス、仕事中の飲み物はお茶にし、夕食後にどうしても食べたい場合は素焼きアーモンドを食べるなど工夫をされておりました。

この方は実はお仕事の都合で私は一度もお会いしたことがありません。

お食事の話はご家族様やお手紙でやり取りをしておりました。

毎日お忙しく大変な中で、開始当初は食事療法が難しいこともありましたが、少しずつできることから取り組まれ試行錯誤しながら自身のライフスタイルに合った方法を身につけられておりました。

お仕事をされている方の中には、なかなか改善したいと思いながらも仕事内容によっては難しい場合も少なくありません。

おひとりで無理されず是非管理栄養士を頼っていただければ嬉しいです☆

※こちらのご利用者様は当社の夕食の消費期限が20時までであることをご理解の上ご利用いただいております。

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

 20200919_162635 (002).jpg20200919_162008 (002).jpg  

地元の動物園、池田市五月山動物園に行きました。ウォンバットやエミュー、アルパカがいてます☆ウォンバットはコロコロで可愛かったです(/・ω・)/

 

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 杉浦 和希

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

残暑厳しい・・と言うより、まだまだ真夏、灼熱の日中です。

ホントに毎日暑すぎます(><)

灼熱はまだまだ真夏の気配ですが、日没時間が早くなり、事務所横のたんぼの稲もすこ~し黄色がかってきています。

体感と違って、季節は進んでいるようです。

さて、先月ご紹介したwさまのその後です。

目標は9.1のHbA1cを3か月で7.9へ。 半年で体重96kgを90kgに。

この目標に向けて食事前に噛み応えのあるキュウリやキャベツを用意してもらい・・

マヨネーズにはヨーグルトを混ぜるよう工夫し・・・

おそらく、間食を欲しがるであろうと予測し、間食は週3日までとし、80~100kcalになるよう計算し、そして夕食後は食べないように。と

助言し1ヶ月。

体重は93kgとマイナス3kg。

HbA1cは7.3と改善♬

3か月かけて・・と言っていたHbA1cがすでに7.3まで下がりました。

最近はマヨネーズをポン酢に替えている様子。

ポン酢も糖質を含み、また塩分もマヨネーズより多いため、使用量が増えないように注意することと、ポン酢とマヨネーズ+ヨーグルトの手作りソースを併用するよう提案。

ちなみに・・・

マヨネーズ(全卵型) 大さじ1杯(12g)塩分が0.2g 炭水化物0.5g

ポン酢        大さじ1杯(17g)塩分1.4g  炭水化物2.0g  となっています。

マヨネーズって案外塩分少ないんです(^^)v

目標を見直し、HbA1c6.2を目指すこと。

そして体重を当初の目標通り、1月末に90kgにすること。

(体重はこれから階段の踊り場(停滞期)が来ると思われるので・・・)

90kgとHbA1c改善に向けて、wさまvsお母さまと大都の知恵比べ?続行中です。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

お盆のお供えに購入した巨峰。

この7月の長雨と日照不足からか、びくりするくらい酸っぱい巨峰で(涙)

そのままでは食べにくいと言うので、コンポートにしてみました。

IMG_2619.jpg 一粒一粒 皮を剥き、皮はお茶パックに入れて先にお鍋の中へ投入しグツグツ。

氷砂糖と白ワインを使用したので余計に澄んだきれいな色が出ました♬

そこへ皮剥いた巨峰を投入し、2分ほど煮てそのまま冷めるまで放置。すると綺麗な色が移ります。

IMG_2620.jpg そのまま食べても、ヨーグルトに入れても、ゼリーにしても美味☆

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

この度の豪雨被害に被災された皆さま、ご家族様、心よりお見舞い申し上げます。

 こんにちは☆北摂管理栄養士の大都です。

今年の梅雨は長いように感じます。祇園祭もひっそりと・・の2020年の7月。

そろそろ梅雨開けかな?と少し気持ちも上向きになる矢先に届いた悲しいニュース。

心が痛みます。

「また今度ね~。」の「また今度」が無いかもしれない。

「会える時に、話せる時に」を大切にしたいと再度思った2020年の7月です。

さて、先月出会った、wさま。ご本人は不在でお母さまとの面談でした。

障害のある40代男性。HbA1c9.1。初めて糖尿病と診断されての相談です。

マヨネーズが大~好きなwさま。決まった運動することもなく、現在の体重は96kg。

昼食は施設で提供されるため夕食の用意をするお母さまへの指導となりました。

今までは好きなだけ食べさせていたため、コントロール食では足りそうにありません。

さて・・・ご本人にどう納得させるか。説明しても理解してもらうのはちょっと無理。

そこで、大好きなキュウリを先に食べて頂くことに。

ただ・・マヨネーズをチューブからドップリとつけて食べるが好き。このマヨネーズ対策が不可欠。

とりあえず、マヨネーズに無糖ヨーグルトを混ぜたものを器に用意。そして、500gのマヨネーズは家から消してもらい一番小さいサイズを冷蔵庫に常備。

ご本人様が万が一冷蔵庫からマヨネーズチューブを出してきても残りが少ない状態にしてもらうために。

そしてキュウリも少しでも食べにくくするため、中途半端は大きさの乱切りに。

さらに、朝食の菓子パンは止めてもらい、食パンへ。そしてここも噛み応えのある「中途半端な大きさの乱切りキャベツ」を用意。

夕食後はお母さまと散歩に出てみよう。と、提案。

目標は9.1のHbA1cを3か月で7.9へ。 半年で体重96kgを90kgに。

1週間後の体重は95.4kg。

半年後の90kgとHbA1c改善に向けて、wさまvsお母さまと大都の知恵比べ?が始まったところです。

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_2576.jpg ミニトマトの双子!珍しくないですか?

IMG_2593.jpg 卵を割ってみると・・これも双子!

IMG_2595.jpg ご利用者様宅に近くで見つけた「四つ葉のクローバー」

訪問したご利用者様へ差し上げました。

日常の小さな幸せと発見に感謝して・・・・

 

みなさん、こんにちは!京都管理栄養士の竹輪です♪

まだ6月ですが、30度越えの「真夏日」続いていますね・・・(-_-;)

マスクをして訪問しているので熱中症の予防のために、こまめに水分を摂ったり屋外では状況に応じてマスクを外すなどの対応をしています。

 

 

2月からご利用いただいている利用者様からうれしい改善の報告をいただいたので、皆様にもご報告致します!

 

ケアマネジャーさんからご紹介いただいた、76歳、一人暮らしの糖尿病の男性の方です。

1月に入院されており、退院後血糖コントロール改善(HbA1c6.5BS87)されていたが、退院からひと月たち、食事内容がまた乱れてきている。

2月の受診の時点で血糖コントロール悪化指摘され服薬開始。

他疾患もあり、大きな検査が5月にあるとの事でそれまでに退院時の良好な状態に戻したいとのご相談でした。

2月の血液検査の詳細結果は不明でしたが、主治医の先生から果物禁止され、服薬が開始になったことで本人様も悪化を自覚されていました。

食事内容ヒアリングすると、朝食は食パン(6枚切り)2枚とバナナ・牛乳、昼食はカレー・パスタ・パンなど炭水化物のみ、夕はご飯・メイン・野菜の副菜・お味噌汁との事。おかきなども毎日間食されており、摂取エネルギーのほとんどを糖質で摂取されていました。

栄養目標を、食事のバランスを整え、次回血液検査(6月)までに、退院時の良好な状態に戻す、行動目標を朝食に野菜を足し、野菜たんぱく源(お肉・お魚・大豆製品など)炭水化物の順番で食べる。②(早食いもあったため)食事は20分以上かけてゆっくり食べる。果物は止め、間食は大袋から小袋にかえ12袋程度にすると、設定しまし、週5回・51400kcalカロリー脂質調整食にて配食ご利用開始となりました。

(配食以外の食事は、配食を参考に1食の量・味付けなどを守り自炊していただきました。)

 

配食を用い、自分に必要な食事内容を理解していただき食事の乱れ改善したことで、5月の血液検査では、HbA1c5.5BS106と退院時の良好な状態に戻り服薬も中止になりました。

 

今月の受診でも、HbA1c5.6BS90台と良好な状態維持されています。(6月の状態報告時に、ピーク時はHbA1c8%超えていたと言われたとの事!)

本人様の中でも服薬が中止になったことが大きかったらしく、「食事は大事やなぁ~」と食事療法の大切さを実感頂けたようです!

 

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

 

夏に向けて、経口補水ゼリーの試飲を行いました☆

 IMG_0333.jpg

 

はーと&はあと 京都管理栄養士 竹輪美里

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希