腎臓病・透析の方へのサポートの最近のブログ記事

こんにちは、京都管理栄養士島田です。

やっと暖かくなってきましたね。なぜか今年は花粉症の症状があまりでません。免疫力が高くなったのか、低くなって反応が悪くなったのか・・・体調管理が特に必要な季節ですね。

先日TVでも、気圧・気温の日内変動が激しいときは頭痛・めまい・体調不良に加えて熱中症などにもかかるリスクがあがると放映されていました。予防の基本はやはり3食しっかり食べる。睡眠をとる。規則正しい生活をする、だそうです。基本がなかなかできないのが現状ですが、皆様、気圧・気温の変動にはお気を付けください。

さて、前々回のブログに登場していただいたK様。3週間ほど実家に戻られてからまた京都での自宅療養が再開されました。

実家に戻られて色々忙しくされていたのでしょう。最近の検査では尿素窒素が90超えまで上がっていました。腎臓の働きは推算では3%しか残っていません(でも、毎日2Lぐらい尿が出て、検査でも電解質バランスに異常はなく、まだ透析導入は見送られています。K様の強い意思により)

尿素窒素が上がらないようにしたい。とのご相談を受け、蛋白質をこれまでは40~45g以下で管理していたのを、厳格に40g以下にコントロールすることになりました。

当初は昼夕、弊社の腎臓病対応食をご利用でしたが最近は実家に戻られたときに利用されていた冷凍の腎臓病対応の食事(他社)を昼に食べられ、夕食を弊社の食事を利用して療養されています。昼はおかず食のみで蛋白質9g摂取されていました。

朝、昼、夕と間食の食事を聞き取り、カロリーは約1600kcalを摂取できていました。後は蛋白質をどう抑えるか。

ご提案させてもらったのが、キッセイ薬品工業の低蛋白米です。ご飯の蛋白質をほとんど除去して作られているため、ご飯1膳約200gに含まれる蛋白質5g程度を制限することができます。

1膳ずつパックになっているものもありますが、K様から

「昼夕とも低蛋白米にするから炊飯米で買って、自宅で炊くわ」と即決され、その場ですぐ通販で購入。翌日には配達されるとのことから、弊社のお食事も翌日からはご飯付からおかず食に変更(3月から栄養コントロール食でもおかず食のみがスタートしています)総蛋白質摂取量を30~35g程度に控えるプランに変更して療養を継続していただくことになりました。

蛋白質が減る分、カロリー不足にならないよう間食や喫食量もこまめに確認しながら透析導入を延せるよう(K様の意思としては透析にならないよう)サポートしていきたいと思います。

※下の写真は某ホテルのカフェで食べた、カゼイン、バター、グルテンフリーの今が旬のレモンのタルトケーキです。最近のホテルのカフェでは最新の健康管理に配慮したケーキが提供されてるんですね。普段ケーキは食べませんが、美味しくいただきました。(カゼイン、グルテンフリーでケーキって作れるんですね・・・勉強になりました。あとレモンて今が旬なんですね、それも勉強になりました)

IMG_3032.JPG

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

こんにちは。京都管理栄養士の山村です。

公私とも忙しく、あっというまに1日が終了してしまいます。高校生の娘も多忙で、1日24時間ではなく30時間やったらもう少しやりたいこともできるのに・・・と(笑)

1日30時間あれば、もう少し睡眠時間を延長したいです(笑)

最近も食事療養が必要な方からご相談が多いです。

病院の看護師さんからのご紹介で、入院中の病院へ訪問してきました。

40歳代後半、男性、独居、糖尿病、脳梗塞、腎機能低下、今回、心不全でご入院。退院間近。

独居、退院後職場復帰。性格温厚。

病院のDrから食事制限が出ており、カロリー・たんぱく質、塩分の制限。

今までの、食生活や仕事ぶり、食べっぷり(笑)、暮らしぶりをあれやこれやと聞きます。

もちろんご病気についても聞くのですが、糖尿病と診断されたのは、40歳前半に脳梗塞で倒れた時との事。

それまで、なんと健康診断とか元気だし受けていなかった!と笑いながら・・・なので、じんわり糖尿病になって

たと思うと。こんなに病気の人生になるとは思いもしなかった。元気に働けてるしね~。

よく聞くと、サービス業なので、昼食は忙しく20年間ほど食べた事がなく、夕食は独身を謳歌していたので

職場の仲間と毎晩、外食。

思わず、「ほんまあきまへんわ~~(涙)」

これからは、腎臓を守るために塩分とたんぱく質はしっかり制限しないといけないです。

でも、エネルギーは確保しないといけないので、昼食抜くのは駄目ですよと伝えてます。

そうですよね。病院では摂取できるけど、仕事復帰したら、仕事に集中して自分の昼食どころではなくなるけど、

退院後はちゃんとがんばります!と決意新たでした。「自分の身体ですものね」と。透析は嫌なんで!と。

そうなんです。自分自身で守っていかないといけないので、その食事療養のサポートをさせていただきます。

血液検査の結果を見ながら、お届けの回数も相談したいとの事でした。

まず、退院後は毎日夕食お届けすることになってます。昼食もべったり食べなくていいようにがんばりますとの事でした。

悪化しないよう働き盛りの男性のサポートをしていきます。

おひな様.jpg

3月3日はひな祭りですね。娘から、今年はちゃんとした、お雛さん

出してくれるの~?ごめん、今年も超簡易版(笑)

はーと&はあと 管理栄養士 山村豊美

こんにちは、京都管理栄養士の島田です。

2月も終わり3月突入ですね、今年は年始からバタバタしている感があり、1日1日がとても長く感じます。

充実している証拠だといいのですが。

さて、今日は新年から腎臓病対応の食事をご利用いただいているK様(70代、女性)のお話です。

現在は京都にお住まいですが、昨年までは実家のある他県で生活をされていました。腎臓病の進行に伴い、またご自身の生活環境等の理由から療養のためご家族と京都で生活するようになったそうです。

透析にはなんとかなりたくないと年始より毎日の昼夕をご利用いただきしっかりとたんぱく質・塩分を調整した療養をされています。間にはカロリーの補給もしていただきながら。

先生からは「透析しないといけない状態(クレアチニンが9.0以上、BUNも70台です)だから、絶対安静にしていろように」といわれて自宅療養中です。

数値を見て、ほんとに透析をしなくても大丈夫なのか?と思ってしまう状態でしたが、

K様曰く「尿がしっかり出ているので、Drも不思議がっているけど、まだぎりぎり大丈夫なの」と教えていただきました。

配食がスタートした後も検査通院をされ、数値は変わらず横ばいで(横ばいといってもほんとに透析導入レベルで)推移しています。

最初に面談させていただいた時も、約一か月後に相談訪問にお伺いした時も、食事ととり方について、これからの治療方針などについて、しっかりK様のお考えをお話しいただき、想いを実現できるよう栄養ケア計画を立てさせていただきました。

(実はK様、現役の社長さんです。会社の経営判断も遠隔からしながら療養にも取り組まれている)二束のわらじを履いてではないですが、ご自身の健康と会社の今後のために、ベストな選択がなんなのかを日々考えておられるのがよく伝わってきます。

そんなKさまから「3週間ほど、実家に戻るので留守にします。向こうでも療養できるよう配食業者を探してもらいました。また戻ってきたら相談をお願いしますね」とご連絡をいただきました。

いつ透析導入になるか秒読みの状態ですが、3週間後に導入前の状態でK様とお会いできることを願っています。(もちろん、遠方でも電話相談はいつでも受け付けます!とお約束しました)

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

先日見つめたランチのお店

IMG_1493.JPG

野菜のフォー定食です。

IMG_1494.JPG

こちらは、洋風ランチにミニグラタンと赤カブのスープ添えです。

寒い日が続いていたいので温まりましたわ(^^)

こんにちは。北摂事務所の仲野です。

お正月、皆様はゆっくりできましたでしょうか?私は大掃除もそこそこに慌ただしく年を越してしまいました。

さて、今回は年末にお客様にお電話でご挨拶をさせて頂いていた時のエピソードです。

50代・女性・腎不全。1年半ほど前から夕食を毎日ご利用いただいております。

サービス利用開始当初から「何とか透析を回避したい」と強い希望があり食事療養にも前向きだったのですが食事が進まずカロリー不足、偏食があり気持ちとは裏腹になかなか行動に移せないとご本人様も悩んでおられました。

3か月に1度は訪問し調理方法や特殊食品の提案などもしておりましたが、ついに年末に医師から「透析」を言われたそうです。

私としては自分の力不足を痛感していたのですが、ご本人様は「ふっきれました。食事制限も緩和されるし、通院する度にドキドキしなくてすみます。結構、気分的にしんどかった。2016年は新たな気持ちで食事と向き合います」と仰っていました。そして「はーとの食事があったから透析開始を遅らすことも出来たと思っています。」と有難いお言葉も頂きました。

本心ではないと思いますが、そうやって何とか前向きに!と思われている事に少し安心しました。

透析が開始されても食事療養は続きます。これからもサポート出来ればと思います。私も気持ちを引き締めて2016年も頑張ります!

(株)はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 仲野 ひとみ

こんにちは。京都管理栄養士の島田です。

暖冬の今年、雨も少なく訪問も楽で嬉しい限りです。心なしか利用者さんも元気な気がしますが、やはり風邪とノロウイルスは流行しているので手洗い・うがいには気を付けたいと思います。

さて、先日茨木・高槻のケアマネジャーさん達(介護職の皆様方も含めて)とバス旅行に行ってきました。恒例のツアーで今年は丹波篠山へ!

美味しいランチを堪能してきました。

IMG_1320.JPG

有名な小西パンも購入しました。

IMG_2961.JPG

こんな、美味しい食べ物が簡単には食べられない方々がおられます。

それは腎臓病で食事療養をされているD様(80代、女性、独居)

病院の先生から「腎機能は14%しか残っていない、透析の準備が必要」

と言われてから、ご相談を受け、現在は塩分蛋白質調整食を定期利用しながら療養されています。持病からくる手のしびれもあり食事の用意はできても自炊はできず、ただ昼夕配食を利用しては料金負担が大きいとのことから、腎臓病用の低蛋白米やレトルト食品などを利用して1日1食は配食、もう1食はレトルト商品を組み合わせて食事療養をされています。

コンビニでたまに買う、ブラックコーヒーSとフライドポテト(塩ぬき)と月一回ご家族での外食が日々療養を頑張っている自分へのご褒美です。

毎月検査も受けて腎機能の推移を確認していますが、14%から11%、11%、11%と少し落ちてからは横ばいをキープしています。しかし、どんなに頑張っても数値が上がらないことに不安が募り、不安が満タンになると

「透析だけは避けたいの。数値がどこまで落ちたら透析しないといけないの?味が薄くて食欲が落ちる。何を食べたらだめなの」とSOSの電話がなります。不安になると喫食量が落ちやすいD様。

「出来る療養はちゃんと出来てますし、大丈夫です。食べない事よりしっかり食べる事を気を付けてください。欠食や粗食が一番危険ですから、食べて下さい。大丈夫です」と20分ほどお話しすると、少し安堵され、最後は決まって

「平均寿命までのあと2年は生きたいから、2年間は透析にならないようにしたいの。お願いしますね」と懇願されます。

「大丈夫です。ちゃんと見てますから」と答えて受話器を置きます

(もちろん、エビデンス的には絶対透析にならない約束はできません。でも透析にならないように療養が出来ているのかをしっかり見続けることはできます)

あと、2年!D様と約束した期間。ご家族との外食の楽しみを残しながらしっかりと療養が継続できるよう見守りっていきたいと思います。

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希