食事療養のサポートを現場から発信

はじめまして。
4月よりカスタマーから地域担当へと異動になりました、管理栄養士の竹輪美里(たけわみさと)です。
京都に来る前は、長崎県の特別養護老人ホームで働いていました!


去年の4月に入社しこの1年は本当にあっという間でした。
カスタマーとしてお客様にしっかり提案できるように商品の勉強をしたり、頂いたお電話の対応をしてきました。

外に出ることで、バイクの運転や地図がちゃんと読めるのか、訪問ししっかりと栄養相談にのれるのかなどたくさん不安なこともありましたが、
1か月たち少しずつ、少しずつですが皆様のお力になれてるのかなぁと思います。


エリアは上京区・右京区・西京区・長岡京市・向日市を担当します。


今まではお電話で声のやり取りでしたが、今後はお顔を見ながら皆様の食事療養をサポートしていきます!
まだまだ未熟者ですが、精一杯頑張っていきますのでよろしくお願いします。

似顔絵.jpg

はーと&はあと 管理栄養士 竹輪美里

こんにちは!

京都管理栄養士の原です。

桜もすっかり散り、寒暖の差が激しく体調を崩される方も多いです。

今日は、よくご相談頂く「貧血改善」についてのお話です。

まず貧血とは、

血液の中の赤血球の中にあるヘモグロビン(血色素)の濃度が低下した状態です。
ヘモグロビンは、体中に酸素を運搬する働きをしますが、この濃度が低下した貧血の状態となると、全身へ酸素が十分に行きわたらなくなってしまいます。

貧血には4種類あります。

① 鉄欠乏性貧血・・鉄の不足によりヘモグロビンの産生が低下します。貧血の大部分がこれに当てはまる場合が多いです。

② 再生不良性貧血・・骨髄の造血幹細胞機能不全の為、血液が産生できなくなって起こる貧血です。

③ 巨赤芽球性貧血・・ビタミンB12または葉酸の不足による貧血です。摂家級が形成される前の段階の赤芽球の増殖に異常が生じて起こります。

④ 溶血性貧血・・血球の破壊によって生じる貧血です。

今日は上記の内、①の鉄欠乏性貧血の改善についてです。

鉄欠乏性貧血は女性に多くみられる貧血で、生じる原因としては、

  • 偏食やダイエットなどによる鉄の摂取不足
  • 妊娠、授乳、成長などにより身体の鉄の必要量が上がり、体内の鉄の不足
  • 胃切除手術後や、胃酸分泌の低下などによる鉄の吸収の低下
  • 月経過多、潰瘍、痔など失血による鉄の排泄増加

等が考えられます。貧血が見つかれば、原因を明らかにすることが大切です。

改善方法としては、鉄剤の処方等と合わせて、食事療養で改善できる可能性があります。

鉄欠乏性貧血の食事療養の仕方は4つあります。

① 鉄を含む食品をしっかり取ること。
食品に含まれる鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄に分かれます。ヘム鉄は吸収しやすいため、ヘム鉄を含む食品を効率よくとる事が望ましいです。

ヘム鉄が多く含まれる食品は、レバーなどの内臓類、魚類の血合いの部分、獣肉類にも多く含まれます。

② たんぱく質をしっかり取ること。
赤血球やヘモグロビンはたんぱく質の材料となる為、不足しないようしっかり取る必要があります。肉や魚に含まれるたんぱく質は非ヘム鉄の吸収を高める作用があります。

一日量の目安は、卵1個と豆腐半丁、肉、魚それぞれ一切れずつ

位が目安となります。

③ ビタミンCをしっかり取ること。
ビタミンCは非ヘム鉄を吸収しやすくしてくれます。ビタミンCは水に溶けやすく熱にも弱い為、生で食べた方がより多く摂取することができます。多く含む食品としては、果物や野菜に多く含まれます。

④お食事と一緒に飲むのは水か、ほうじ茶等を取る事。
お茶に含まれるタンニン(苦み成分)は、鉄の吸収阻害をしてしまうため、お食事と一緒にとる水分としては、お水か、ほうじ茶または麦茶などがいいでしょう。

食事からもしっかりヘム鉄を取り、吸収を助けるビタミンCをしっかり取る事が大事となります。皆さまの貧血が少しでも改善できますように。

おやつでも簡単にヘム鉄を多く含むゼリー(どちらかというとグミに近い)商品をお取扱いしております。

ヘム鉄入りグレープゼリー

美味しいお味で、貧血改善にもお役に立てます。

先日浜大津のハッピードリームサーカスに家族で観覧してきましたが、初めてのサーカスだったので、子供たちも大変大興奮でした。

はーと&はあと 管理栄養士 原

こんにちわ!北摂管理栄養士の徳山です。

今日は、1週間前に急遽、主治医を中心にカンファレンスが開かれた、70歳女性糖尿病性腎症、高血圧の利用者様のお話です。

 

独居の方で、3月半ばより、毎日、昼夕に栄養コントロール食をお届けしていましたが、ヘルパー、娘様からの情報で、どうやら配食は食べずに、近くのコンビニで、スパゲティ、メロンパンを購入し食べていると、、、

退院後、自宅で担当者会議で、本人様と関係者で血糖コントロールを目標にと決めてまだ数週間しか経っておらず、ケアマネジャーも、このままではいけない!!と。

配達時も、食事残さず召し上がって頂いていますか?の問いかけには、美味しく食べていますよ!のお答え。

血糖値も上がる一方で、急遽主治医交えてカンファレンスとなりました。

主治医から、何もしないまま過ごしていたら、最終透析になる事、食事とリハビリテーション(※)は、セットとなって威力を発揮するものと厳しい指導が入り、ひとまず3週間(減塩に慣れてもらうまで)平日午前は、リハビリテーション、午後から小規模多機能型施設にて、夕食まで食べて帰ってもらうことを徹底してもらい、施設にも昼夕、栄養コントロール食を届けています。

※能力低下、機能低下した状態から改善するよう働きかけること全般

 

遠方にお住まいの娘様が気になる朝食や間食等については、メールでやり取りしています。

1週間後、昼食時に施設に訪問したところ、午前中、ヘルパーの制止を振り切り、メロンパン10個購入してしまったと!!ご自身で食べるつもりは無かったけど買いたかった、スタッフの皆様にあげます、、と仰り、本心は見えなかったのですが、この方の食事療養は始まったばかり。ケアマネジャーと様子を見ましょうとなりました。

ですが、明らかに1週間前よりお顔色も良く言葉が増えて、人との関わり、リハビリテーションの効果が出ていると感じました。

高齢者の場合、食欲低下等により低栄養に陥る事があり、栄養管理が不十分であったり、本人の摂食意欲が乏しかったりすると、低栄養が進行します。そのことによって身体機能低下に繋がります。

生活習慣病の患者様にとって、血液検査数値は目安となり、数値改善は目標となりますが、数値ばかりが栄養指導の中心ではなく、包括的な評価も、管理栄養士に求められています。

特に高齢者の栄養指導については、何に重きを置くべきかを考えてアドバイスする必要があると思います。

IMG_7741.JPG 4月23日.JPG 

栄養指導NAiより引用

 

管理栄養士 徳山 沙紀子

こんにちは 京都 管理栄養士 相山です。

    

やっと花粉症も落ち着きました。みなさんは大丈夫でしたか?

今年は、ヒノキが昨年の43倍!と言われていましたね。

花粉対策がんばりましたが、これからは紫外線対策の時期がやってきました。

    

★ご報告★

上京区、右京区、西京区、向日市、長岡京市エリアを担当しておりましたが、

4月から、北区、左京区、中京区、東山区エリア担当にかわりました。

3年半関わらせていただいた利用者様、関係機関の方と離れるのはさみしいですが

新たなエリアで気持ちも切り替えて、出会いを1つ1つ大切にしていきたいです。

これからも、よろしくおねがいいたします。

   

先日、着物を着て京都祇園を散策してきました。

今はやりの「インスタ映え」写真を撮ってきました。周りは女子高校生・大学生若い!!

アラサー女子も負けじと楽しみました★

IMG_7143.JPG

はーと&はあと 京都 管理栄養士 相山 華菜

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子