島田天心のブログの最近のブログ記事

こんにちは、カスタマーセンター管理栄養士の島田です。

担当のブログが更新できてなくご心配おかけしました。まだ寒い夜が続きましたが暖かくなってきて、さすがに少しずつ薄着になり・・・春までもうすぐですね。3月は会社としては年度末で今年の振り返りや来年の計画などでバタバタですが、よい2019年度を迎えられるよう準備はしっかりしたいと思います。

さて、先日栄養士会の研修会でリスクマネジメントについて学んできました。

栄養に関して、どのようなリスクが潜んでいるか症例から学んだり、グループワークしたり、新しい目線で症例を見ることが出来てよかったです。ただ、どうしても管理栄養士という目線からしかリスクをみれないと在宅でのリスクを軽視してしまうことになっていて気づきの感度を上げる必要がありそうです。

例えば、透析治療中の方で、最近むせることがあって、残食が多い。でも家族は普通食をたべさせたいと考えているというケースのリスクは?といわれると

1.誤嚥性肺炎 2.食形態があっていない 3.エネルギー・蛋白が足りていない 4.感染症にかかりやすい 5.認知症になりやすい 6.隠れ脱水などが栄養面のリスクとして考えられますが

在宅(おもに介護)という目線に立つと、

7.本人の嚥下能力と家族の思い(普通食を食べさせたい)のズレ 8.嚥下食を作る家族負担 9.活動量低下による医療・介護費負担の増大 10.褥瘡ケア などもリスクとして考えられ、栄養面だけリスクマネジメントできれば、状態がよくなるというものでもないことを認識しながらアセスメントしないといけません。管理栄養士がマネジメントすべきリスクではないかもしれませんが、そういうリスクがあるなという感度は磨いておく必要を感じました。

さらに別の研修では給食マネジメントの講義もあり、異物や衛生面、災害時の給食リスクについて最近の事例(地震や天災)の時に他社ではどのような対策を講じているのかを勉強できました。

特に施設などでは食事の提供が必須となり(在宅も同じではありますが、よりマストで)ガス・電気が使えない状態での食事提供を想定したリスク管理をされていたので備蓄管理も含めて大変さを学びました。

ちなみに、給食マネジメントの講義の方に、異物は何万食に対してどれぐらいの割合であれば、及第点かお聞きしたところ、はっきりとした業界内での基準はないものの、10万食に1回ぐらいであればすごくいいほうと教えてもらいました(あくまで参考値ですけど) 数か月に一回ぐらいは致し方なしということでしょうか。異物混入・誤発注・盛付ミス・記載ミス・連絡不備など、ヒューマンエラーは無くしたいですが、気を付けていても永遠にゼロにはならない以上、出来る限りコントロールできる仕組みを2019年は作りたいです。

ヒューマンエラー.JPG

そこで、最近読み始めた本。

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

新年あけましておめでとうございます。

多事多難な2018年が終わり、新しい年を無事迎えることができました。本年もよろしくお願い致します。

さて、関係機関に定期的に送っている、はーと通信にて書きました所信表明をここでも発信させていただきます。

『今年は新しい価値のあるサービスをご案内することで皆様の食事療法をサポートして参ります』

これまで行ってきて価値を感じて頂けているサービスはもちろん継続しながらも、皆様の食事療法をよりサポートできるサービスを新たに提案できるような年にしていきたいと思います。

今年は正月は休みをとれましたが、29・30・31と連続で出勤して、最後まで利用者様の電話をお受けしていると、正月三日間もお食事が必要な方、三日間だけ休むけど31日までお食事をお届けして、また年始は4日からお願いしますと言っていただく方など、以前は年が変わるのをきっかけに停止を希望される方がおられましたが、今年は年が変わるからと停止の連絡を受けるケースはほとんどなかったように感じました(もちろん、想定外の入院での停止は仕方ないですが)

年が変わることが食事療法をやめるきっかけにはならない雰囲気を感じました。きっと配食サービスを食事確保だけでない、価値をしっかりと利用者が認識してくれているからだと、勝手に良い方に解釈させていただきました。年末年始もご利用いただきありがとうございました。

さて、今年最後に飛び込んできた専門的なニュースをひとつ

食事療法の見直しへ日本糖尿病学会が動き出す

http://www.carenet.com/news/general/carenet/47235?utm_source=m29&utm_medium=email&utm_campaign=2018122701

これまでの食事療法を見直すようです。より新しいエビデンスに基づく食事療法や栄養指導の手法が出てくるかもしれませんね。日々勉強してスキルのアップデートが必要なようです。

正月.JPG

地元の剱神社で厄払いしてきました。よい一年にできますように!

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

こんにちは、カスタマーセンター管理栄養士の島田です。

今年は暖冬のようで、流行語に『災害級の酷暑』が選ばれましたが、その影響が冬まで続いているのでしょうか。しかし、2018年の冬は大雪に悩まされましたし、いつどのような変動があるかわからない天候になってきましたね。AIを活用した予報で事前の対策が講じれることを期待したいと思います。

今年はほんとに災害の多い年だったように思います(社会的にも個人的にも)、災い転じて福となす!来年にできるよう今から準備を進めていきたいです。

さて、実はいま、はーとの配送員(男性)の方が、ほぼ毎日、昼食で栄養コントロール食のカロリー調整食を利用しています。きっかけは急激な体重減少。過体重を意識はしていましたが、とくに積極的に減量に取り組んでいたわけではなかったのですが、数か月で10kgの体重減少があったようです。本人は「やせた、やせた!」と喜んでいましたが、それを聞いた、管理栄養士の相山さんが、

「特段変わったことをしていないのに、そんなに急激に体重が減るのはおかしい。一度検査した方がいい」と、するどい指摘をして、実際検査をするとヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)が13%台と重度の糖尿病と診断。

しかも肝臓に影もあるとかいわれ、青ざめた配送員は次の日から、適切な食事療法を実践するため、カロリー調整食を毎日申し込まれました(もちろん、料金もしっかりはらって、しっかり栄養指導もうけて)。それから一カ月強。

先日、検査結果を見せてもらったら数値が8%台にまで落ちていました。血糖も100で正常。ただ肝臓の数値は若干高いですが(精密検査でも異常は認められなかったとの事)中性脂肪も正常で、とてもきれいな血液の状態に生まれかわっていました。今日も元気に配送に従事されています。

身内だと、ついつい見逃しやすい変化に気づいた相山管理栄養士、そのアドバイスを素直に受け入れて配食を継続している配送員さん、一番近い所で食事療法の効果を実感しました!来年はもっと多くの改善事例に出会いたいものです。

※久しぶりの外食で美味しい中華ご馳走になりました。

豚煮込み.JPG鯛の甘辛煮.JPG

豚煮込み       鯛の甘辛煮

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

こんにちは、カスタマーセンター管理栄養士の島田です。

気がつけばフィギュアスケートもシーズンインしてすっかり秋から冬へのシフトが早くなってきました。秋の夜長に読書をしようと思っても、なぜか最近は数ページ読むだけで疲れて寝てしまっています・・・寝不足と過労と老化でしょうか。疲れをためないよう早めに帰ってゆっくり夜長を楽しみたいものです。

最近は世界史関連の本を読むことが多く、あまり学生時代に勉強してこなかった中世のヨーロッパの歴史などは、時代の価値観が現代とはかなり異なるので読むたびにどうしてそのような結論にたどりつくのか理解できない部分もありますがとても面白いです。今年は目標にしていたフリードリッヒ二世を読破できたので、来年はクリミア戦争を読破したいと思います。

さて、先日、ある利用者のケアマネジャーさまから、担当がかわったので利用状況を教えてほしいと電話いただきました。利用者は右京区の方でしたが、配食が味が薄くて食べづらいようで、なぜ塩分を控えた食事をとられれているのかを知りたかったようです(担当のケアマネジャーが、事務所間で変わられたようで、食事の情報までまだ申送りが出来きれていない感じでした)

最近は事前面談時に栄養に関するアセスメントをして、栄養に関する目標を決め、それを報告書として関係機関の方々にフィードバックを行っています。これまでもそれに類することはしていましたが、しっかりと報告書として作成し出したのは最近で、今回問い合わせいただいた方も、面談時はDrからは塩分制限の指示だけが確認できましたが、同席された先任のケアマネジャーさんや看護師に方から腎不全も言われているとの事から、弊社では塩分・蛋白質調整食を選択して週に1度、ご利用中であることをお伝えさせていただきました。

お手元に資料がなにもなかったようで、お昼に本人宅へいくのでそれまでに資料をFAXしてほしいと依頼がありましたので、弊社のパンフレットのコピーと献立表、そして事前面談時の報告書もセットでFAXし、その方の現在の食種選定にいたったアセスメントの結果と今後の栄養に関する目標を共有させていただきました。

資料として提出できる報告書があってよかったです。

また、最近は以前に案内したTaBeLu+(たべる)倶楽部の商品ラインナップが増えました。

大塚食品さんのマイサイズシリーズ

大塚食品マイサイズ-カタログ.pdf

お届け待ちの商品も棚にいっぱいです

大塚食品在.JPG

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

こんにちは、カスタマーセンター管理栄養士の島田です。

ようやく暑さが落ち着いてきましたがまだまだ日中は気温の上昇もみられるので、これからは日内差に注意が必要ですね。

先日、在宅栄養管理学会にて『コミュニケーション能力を上げる』がテーマの研修会に参加してきました。

私は知らなかったのですが瀬戸内TV局という地方のTV局で長年アナウンサーをされてきた方の講義でした。

先生曰く、コミュニケーション力を上げる力は3つあって

1.発信力 2.受信力 3.気づき力だそうです。

そのバランスがよくなく、発信力が強いだけだと、人の話を聞かない人とみられ、受信力が強いだけだと、聞いてはくれているが何を考えているかわからない人とみられ、気づき力が低いと、よくいわれるKYな人とみられるのだそうです。アナウンサーはそう見られないよう好感度を上げる工夫を色々とされているようです(話し方、コメントの仕方、服装、佇まい含めて。)

また、しっかりと伝えるには

1.呼吸 2.発声 3.発音が大切で呼吸は腹式、発音は訓練で良くすることができるようです。発音は滑舌がいいかどうかのため、訓練を重ねることでしかよくなることはなく、アナウンサーでも訓練を怠ると3ヶ月で滑舌は悪くなるようです。

残念なことに、口元は10年で5mm垂れるようです。20年で1cm。口元が下がって滑舌が悪くなるのは加齢で避けられない為、常に上げる訓練をアナウンサーはされているようです。

高齢の方の声が聞き取りづらいのは発声ではなく、滑舌が悪くなってしまうのが原因と。

(たしかに聞き取りづらい方と、聞きとりやすい方がいますが、滑舌だったのですね。あと、こちらの声が聞き取りづらいと言われるのもこちらの滑舌が問題のようです)

以前は、朝の朝礼で発声練習をしていましたが、最近はご無沙汰で。心なしかメンバーの声も小さくなったような気がしますがそれも加齢により滑舌の低下かも(自分の耳が遠くなったのではなく)。定期的に練習しないとダメですね。

コミュニケーション能力上げて好感度も上げて、気持ち良くサービスを利用していただきたいです。

研修内容とは関係ないですが久しぶりの外食の煮込みハンバーグ定食!

煮込みハンバーグ.JPG

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子