日々の活動報告の最近のブログ記事

こんにちは、カスタマーセンター小山です。

今年は久しぶりに、梅雨らしく、雨がしとしと降っていますね。

体調を崩しやすくなっていますので、お体に十分にきをつけてくださいませ。

さて、私からはご利用者様の喜びの声をピックアップしたいと思います(抜粋)。

★目利き商品ご利用者様より

・先日の目利き商品の「さくらんぼ」がかなり美味しかったようでこれから目利き商品に注目します、と奥様より。

【目利き商品は旬の果物を毎月1回ご案内しております。ご好評いただいてます】

★健康バランス食ご利用者様より

・行事食を楽しみに待たれる。メニューの読み合わせをして手渡しする。全盲の方。

・行事食を家族全員分取っておられる。お届けすると、みんなでとっても喜んで下さる。お孫様(7歳)が「行事食!行事食!」と小躍りされ、本当に幸せな気分になる。計4食ご利用です。

【健康バランス食では、行事食を月1回ご用意しております。毎月楽しみにしていただいております】

行事食のご案内(20-6月).pdf

★栄養コントロール食ご利用者様より

・3月の検査ではHbA1cが9.3だったが6月の検査では7.2まで下がった。はーとの食事以外は特にいつもと変りなく生活していたが急に下がったので驚いているそうです。週3回のご利用です。

・一昨日 内科受診 BS 90台、 A1C 5.6  ピーク時 8 を超えていたらしい。 糖尿の薬が無くなった と。週3回のご利用者様です。

【食事療養はコツコツ続けることに意味があります。継続利用で効果ありです】

★TaBeLu+倶楽部のご利用者様より

・エプリッチお届け  御主人受取  豆腐風味 大変良い、 本人は 普通の豆腐を食べている と思っている。  素晴らしい と絶賛していた。

・オリゴワンドリンク、サンプルもらいとても飲みやすかったと。3種類もらいますと注文頂いた。お父さんも気に入ったみたいと言っておられた。

【数ある補助食品の中から管理栄養士目線で商品を選定しおすすめ商品を提案しています】

00480-450x337.jpg     さくらんぼ.jpg

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあと管理栄養士 小山

こんにちは、管理栄養士島田です。

はーと&はあとでは、在宅で食事療法を継続していくための栄養補助食品をご紹介しています。

今月のおすすめは、オリゴワン(㈱HプラスBライフサイエンス)のオリゴ糖シロップとドリンクです。

ステイホーム期間が長く続き、運動・体を動かく機会が少なくなり便秘気味の方、新型コロナウイルスや様々病気の予防に免疫力を高めたい方におすすめです。

TaBeLu倶楽部商品今月のおすすめ(オリゴワン).pdf

ご案内させていただいたところ、多数の試飲のご相談をいただき、皆さん、健康意識への行動変容がみられました。

腸内環境は4週間程度で変化がみられるといわれています。是非継続されることをおすすめいたします。

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

みなさんこんにちは!京都地域担当の山本です(^^♪

自宅で過ごす時間が増えると、ちょっと口さみしくなって、間食が増えたりしていませんか?

私は増えてしまいました((+_+))

気が付けば、ここ数年変わりなかった体重が増加!!

これは大変!と、先日からお菓子を控え、YouTubeでトレーニング動画を見ながら運動しました。

選んだ動画がなかなかハードだったので、滝汗をかき、筋肉痛になりましたが、なんだか心もスッキリ!

身体と心は繋がっているなあと実感しました。

毎日するかは怪しいですが・・・次の休みも挑戦予定です。

YouTubeには高齢者の方向けのエクササイズもたくさんあるので、ご家族様で一緒にされるのも良いかと思います。

IMG_0121.JPGIMG_0122.JPGIMG_0123.JPGIMG_0124.JPG

株式会社クリニコ・森永乳業株式会社から発行されている『フレイル・サルコペニア予防のための食事と運動』という冊子に、自宅で挑戦できそうな運動が載っていました。

ラジオ体操なんかもおすすめです!

体調を考えながら、皆様も自宅で運動を取り入れ、身体も心も健やかにお過ごしください(^^)/

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

京都地域担当 管理栄養士 山本博子

こんにちは、カスタマーセンター管理栄養士の島田です。

自粛が続いていますが、3密を避ける取り組みが、進んでいるところ・なかなか8割削減には到達できそうにないところなど、様々ですね。どこかが閑散となるとどこかが密になっていて、もともと人口密度の高い東京・関東圏は取り組み効果が見えてくるには時間がかかりそうです。

【行動変容】という言葉。自粛をお願いするにあたり、毎日・何度も耳にするようになりました。

しかし、食事療法の分野ではよく耳にする言葉です。そして、それがとても難しいということを長年食事療法をサポートしている管理栄養士の我々は理解していますが、今回のように国民(または全世界の人)全員にそれを実践してもらうことの難しさをまざまざと感じます。

行動変容ができる人・できない人に違いってなんなのでしょうか、どうしたら変われるのでしょうか?難問です。

一般的に、行動変容には5つの段階があるといわれています

1.無関心期 2.関心期 3.準備期 4.実行期 5.維持期

詳しくは、下記参照ください。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-07-001.html

多くの方がコロナに対しては2の関心期以上なのではないかと思いますが、実際に不要不急の外出をしてしまって公園などで遊んでしまうのは3には到達できていない行動なのでしょう。

5.維持期を高度なレベルで実践されているはずの医療スタッフでも感染してしまうウイルスです。社会全体でより一層の行動変容を実践する必要がありますね。

ちなみに、行動変容を促す方法として、罰や罰則・強制はあまり効果がないというエビデンスもあります。

そのエビデンスに基づくと営業自粛をお願いしても、自粛しない業者を公表することは、行動変容としては効果がないのかもしれません。じゃあどうしたらいいのか、食事療法を継続してもらうためのアプローチを様々な方法で実践している自身としてはポイントは3つ(1.実践しやすい環境つくり、2.効果の見える化、3.コミュニティーの形成)だと思っています。

食生活だけでなく、社会生活全般の行動変容を促す効果的な方法というのは残念ながらこうすればいいというのは見えづらいのかもしれまん。しかしながら、2週間ごとに成績発表される(感染者の増減=行動変容の効果、死亡者の増減=医療崩壊というなら)ので見える化はしやすいですね。1.は政治の役割だとすると、3は個々人が果たせる役割のように感じます。引き続き、3蜜を避け社会崩壊を防いでいきましょう!

【お勧め栄養補助商品】

ブログ内容とは関係ありませんが、ネスレさんから新商品【アイソカル100】cafeシリーズ カフェモカとミルクティーが発売されています。

業界最小100mlで200kcal、たんぱく8g、ビタミンミネラル26種類が入った栄養補助飲料

あ-100.JPG

自粛のストレス耐性を上げるためにもビタミンミネラルは十分に補給したいですね

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

関係機関の皆様へ

全国緊急事態宣言発令の伴う、当社 在宅食生活サポート事業部の対応・取り組みをご案内申し上げます。

緊急事態宣言に伴うお知らせC20204.pdf

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希