大都宏子のブログの最近のブログ記事

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

毎日、毎日「新型コロナ」の情報が入ってきます。経済だけでなく「気持ち」も沈みがちになりますね。

世の中の皆さんが手洗いと咳エチケットを励行しているおかげで、インフルエンザの流行も抑えられていると聞きました。

「新型コロナ」の特効薬もまだ出そうにないですし、予防接種もまだまだでしょうし・・・

そんな今こそご自分の「免疫力アップ」です!

花粉症対策としても免疫力がクローズアップされていますし、すでにご存じの方もおられますが、今日は免疫力アップの話をしたいと思います。

『免疫力アップ≒腸内環境を整える』

そこで、

その1.発酵食品をこまめにとる

 発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれています。腸内の善玉菌の活動を活発にして、悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を良くする働きがあります。

 善玉菌と悪玉菌のバランスは、偏った食事やストレス、自律神経のバランスなどによって悪化しやすいのが特徴です。みそ、納豆、ぬか漬け、キムチ、ヨーグルト、チーズといった発酵食品を日々の食事でこまめにとることで善玉菌優勢の腸内に。

その2.食物繊維を積極的にとる

 野菜やきのこ、海藻類など食物繊維が豊富な食材をとることで、便秘を予防したり、善玉菌がすみやすい環境を整えたりすることができます。善玉菌のエサも必要です。

『ビタミンも味方に』

そこで、

その1.ビタミンA-カロテン)は油と一緒に

 ビタミンAには皮膚などの粘膜を菌やウイルスから守ってくれる働きがあります。緑黄色野菜や鶏のレバーなどに多く含まれており、脂溶性のビタミンなので油と一緒にとることで吸収率がアップします。 

「粘膜を強くしてくれる」緑黄色野菜摂取を促すために、よく私の話には登場する「決まり文句です」

その2.ビタミンCをこまめに摂取

 ビタミンCには白血球の活動を活発にする働きがあります。ただ、貯めておくことはできず流出しやすいので、1日を通してでこまめに補う必要があります。

その3.ビタミンEで血行よく

 ビタミンEには血流の流れを良くしたり、体の老化を防いで細胞を若々しく保ってくれたりといった働きがあります。ナッツ類やひまわり油、うなぎ、抹茶に多く含まれます。

ただし、ビタミン摂取には注意も必要です!!(これ重要!!)

日常の食事で摂りすぎになることは少ないですが、脂溶性ビタミンはサプリメントなどで摂取すると過剰摂取に繋がることもありますのでご注意ください。また疾患のある方は主治医や薬剤師さんにもご相談を。

 

IMG_2492.jpg 画像がうまく取り込めず。すみません、横向きになっております。

おススメのお手軽「トマトスープ」です。

トマトジュースで野菜やきのこ、ウインナー、大豆水煮などを入れてコンソメをプラスして煮込むだけ。ショートパスタも一緒に茹でて軽食にも。

仕上げにオリーブオイルを垂らしてトマトの栄養の吸収アップ。粉チーズも振れば発酵食品も。

お試しあれ。

基礎疾患をお持ちの方は、基礎疾患のコントロールも重要です。

血糖コントロール、血圧管理など・・気になる方

基礎疾患のコントロールのためにお気軽にご相談くださいませ。

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

もう早いもので1月も20日を過ぎて数日・・・

暖冬のせいで?農作物にも影響がでているようです。葉っぱモノは大根が成長しすぎて廃棄するというショッキングなニュースを聞きました。通常の3倍くらいに成長した大根。味は一緒だと思うですけどね・・

さて、年末「水分管理もできていないし、食事内容も気になる方が居るんです・・」とケアマネジャーさんからの相談されて始まったHさま。ブログでも紹介しました。

その後・・・年末にケアマネジャーさんから嬉しいご報告がありました。

永らく体調不良で行けていなかった地域のカラオケ教室に行くほど体調が整ったようです。

まったくできていなかった水分管理ができるようになった、3階の自宅まで上がれるのもままならない体調だったのでどうなるかとかなり心配していた。栄養士さんに介入しててもらって本当に良かったです。

と、大変お喜びの報告を頂くことができました。

そこまで言ってもらえると、こちらまで嬉しくなります。

ところが・・・

年明けに電話をすると、どうもおかしい。水分管理ができていない様子。

早速見に行ったのですが、やはり水分管理ができておられず・・・

もう一度、『朝に水筒に入れるのは250ccまで。午後から250ccを入れるて、とにかく1日の水分摂取量を500ccまでを守る。』

を伝え、ご家族にも再度ご協力頂くようお願いしてきました。

透析日以外に月1回のペースで緊急搬送されていた今までを考えると、1ヶ月経過し月1回の緊急搬送は免れていますが・・・

他に何か手立てがあるのか??しばらく経過観察です。

そんな2020年の幕開け・・・

2010年からご利用頂いている高槻市のTさま。2010年~2011年5月まで高槻市の担当だのですが、あれから8年ぶりに会いに行ってきました。

ちゃんと覚えてくれていました♪

「あんたと、はーとのお弁当で仕事が続けられている。」と言って頂きました。

はーとに転職した1年目。(もう16年と数か月前になります(汗))

同じような言葉を頂きした。糖尿病の自営業の社長さん。

「あなたのおかげで仕事が続けられています。」

「私のおかげ」ではないですが、そんな言葉をかけて貰えたことがすごく嬉しくて、あの時の感動を今でも覚えています。

初心を忘れず、2020年も喜んで貰えるように頑張りたいと思います。

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_2437.jpg

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

早いもので今年も残り15日あまり。まもなく2019年も終わりです。

12月と言え、なんだか暖冬?寒さがマシなのは大変ありがたいことですが地球温暖化かと言われるとそうは喜んでおられません・・・

さて・・・

「水分管理もできていないし、食事内容も気になる方が居るんです・・」とケアマネジャーさんからの相談がありました。

早速、ご本人とご家族の元へ・・・

心不全の70歳代女性。ご主人と息子様とお住まいのHさま。

2019年5月より透析開始となったようですが、いまいち体調が優れないとのこと。透析日以外に月1回のペースで緊急搬送されているよう。

1日の摂取水分は500ccの制限が出ているようですが・・・

ようやく最近、水筒にお茶を入れて飲むようになったんです。とご主人が持ってきた水筒。中を覗くと・・・

なんと、もう1/5量も入っていない Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

訪問した時間は13:30。

まだまだ半日は残っているし、夕食後の薬も飲んで頂かないといけないのに・・・

よくよく聞くと、朝からオレンジジュース250cc、紅茶をカップ1杯も飲んでおられた。

オレンジジュースも紅茶も水分という認識が無かったようで・・・

これは大変!

最近は透析しても除水しきれていないようですし。

ちょっと厳しめに水分制限の重要性を伝え、どうやって1日の水分管理をするのか・・・・

水筒に入れて頂くのはお湯にしてもらい、そこから飲みたいほうじ茶や紅茶を作る。

朝に水筒に入れるのは250ccまでとし、午後から250ccを入れることで、とにかく1日の水分摂取量を500ccまでを守る。

水分制限、守るのは大変だとは思いますが守って頂かないと命に係わりますしね。

Hさまの体調管理、少しでも緊急搬送の頻度が減ることを願って。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_2419.jpg

先日、お義姉さんからたくさんリンゴを頂いたのでジャムにしました。我ながら上手くできました♪

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

朝晩がすっかり冷えてくるようになりました。

日中との寒暖差が大きいので体調管理にはどうぞお気を付けくださいませ。

さて、先日訪問したYさま。70代 男性。

身長166cmで体重が35.5kg 左下腿周囲23cm。

ワタシより背が高くて軽い・・・

胃癌で胃切除したあと、胸膜中皮腫がみつかり、右肺胸膜全摘をされています。

奥様がいろいろ考えて調理をされているのですが、どうも食べる量が激減して体重が減ってきた、との相談です。

少し前まではマンションの共有廊下を歩いていたのですが、最近は室内もままならない。トイレは自分で行けるけど、ベットで横になっている時間が随分増えたと。

それだけ痩せていたら、歩くにも、座るにも必要な筋力低下があって当然です。

食欲の秋!だというのに、食べたい意欲がないなんて(涙)

様々な補助食品を提案し、また奥様が普段用意しているメニューをヒアリングし、どうやってエネルギー、たんぱく質を強化させるか・・・

おじやもいいけど、バターも入れて炊き込みピラフにしては?

山芋もすって「とろろ」もどう?

ふかしさつま芋もいいけど、甘煮や大学芋風にしてみては?

お浸しもいいけど、マヨネーズで和えてもカロリーアップになります。

などなど。

沢山は食べられないので「いかに効率よく、一口にたんぱく質やカロリーを込められるか・・」

補助食品の力も借りながら、奥様の愛(とたんぱく質とエネルギー)を込めた一口で。

Yさまの体重増加プロジェクト?スタートです。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_2339.jpg 

雨が多かった9月10月。ようやく祖母のお墓参りに島へ。

すっかり有名になった「エンジェルロード」人が渡っているのが見えます。

IMG_2357.jpg IMG_2361.jpg 万博公園のコスモス畑

IMG_2373.jpg IMG_2368.jpg 同じく万博公園のバラ園

IMG_2381.jpg地元の文化祭で活けた作品

いつもと変わらず、当たり前の日常が過ごせていることに感謝して。

台風被害に遭われた方々の生活が、一日も早く日常に戻りますように・・・ 

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

金木犀の香りが漂い始めました♪ 私には秋の到来を告げる香りです。

そう、秋が来たはずですが30℃越えの日があったり。

『暑さ、寒さも彼岸まで。』が通用しませんね。

突然ですが・・・

IMG_2336.jpg

これは昨年の11/23に仕込んだ『ゆず酢』です。もう残りわずか。

これを使って、柚香和えや酢の物、寿司飯、柚庵焼などにして約1年楽しみます。今年の柚子の季節までもたないので今が旬の「すだち」で仕込もうと思っています。後ろに映っているのは「すだち」です。

先日の栄養指導での出来事。

糖尿性腎症の80代男性、Kさま。奥様他界後は好きなモノを好きなだけ食べて腎症悪化。これでは透析になる、と今は慣れない自炊で減塩に励んでいます。やや極端な減塩をしていることもあって「食べたらアカンものばっかりでストレスいっぱいや」と言いながら・・・

(カップラーメンは食べたらアカンとは言いましたが、アカンものばかりではありません。量や頻度をひかえることが大切。)

そんなKさま。

今回の血液検査でカリウム値が5.6と上昇。

聞けば、最近「減塩によかれと酢をなんでもかんでもかけている。」と。

『「酢」は普通の酢ですよね?「べんり酢」みたいな塩や砂糖の入った、そのままで味付けができる「酢」じゃないですよね?』

『かぼすを2kg送ってもらって、なんでもかんでも絞ってかけている。』

????・・

『Kさま、「かぼす」の果汁を絞っていて「酢」をかけているのではないですよ・・・ね?』

そう、Kさまは「かぼす」を「酢」と一緒だと思っておられたようです。たしかに「す」で終わる単語ですが(^^;

「酢」は穀物酢や米酢、黒酢、りんご酢、ワインビネガーなどありますが、穀物や果実に酵母を加えて糖分解し酢酸菌を加えて酢酸発酵して作られます。今流行りの発酵食品のひとつです。

『~なので、酢は発酵食品の調味料で、Kさまがかけているのは、かぼすの果汁で、まったくの別ものです。オレンジジュースと一緒(極端な例えをしてしまいました)ですね。』

このかぼす汁がカリウム値上昇の原因、かどうかは不明ですが要因の一つだとは思われます。

まだ2kgもあるかぼす。残りを同じように使ってもらうとよくなくので「かぼす酢」の作り方を伝授。

2kg分のかぼすの果汁と同量の「酢」と混ぜてビンに入れて冷蔵庫保管する。これだけです・・・果汁と酢を1:1の量で混ぜるだけ。

同じ大さじ1杯でも、半分は酢が入っていることになり、かぼすの風味もしっかりあります。それでいて1年保管が可能。

ご興味のある方はぜひ!

すだちやかぼす、柚子で作ってみて下さい☆

『80年以上生きてきても、知らなんことたくさんあるわ~』と帰っていかれました(^^;

かんきつ類以外にも、生姜、わさび、葱、しそなどの香味野菜や七味、辛子、黒胡椒、カレー粉など香辛料・・・

みなさまも減塩のお供を上手に使って減塩生活を☆

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_2329.jpg 秋の味覚「栗」

今年も実家の栗が実り、『渋皮煮』にしました☆

IMG_2335.jpg そして『栗ご飯』 

暑いけど、自然はちゃんと「秋」です。

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希