食事療養のサポートを現場から発信

こんにちは、カスタマーセンター小山です。

日中の日差しも暑くなってきました。

先日、京都市植物園は無料開放&、パンまつりがあり、行ってきました。

IMG_20170514_100859.jpg植物園に咲いていました。

パンまつりも盛況で、開始1時間で売り切れ店続出!

京都の人は、パン好きだな~。

財布のひもがゆるんで、ついつい、大目に買ってしまいました(^'^)。

過剰摂取カロリーを消費すべく、帰りは1時間かけて徒歩で帰宅しました。

さて、先日のニュースで、

東京医科歯科大学の藤原武男教授らのグループは、愛知県知多半島に住む高齢者約8900人のデータをもとに、地域の坂道と住人の糖尿病リスクの関連を調べた。その結果、坂道の平均傾斜が1.48度上がると症状が比較的重い糖尿病になるリスクが18%低下すると分かった。藤原教授は、日常的にゆるやかな坂道を歩くことで無意識に筋力を刺激し糖尿病の予防効果が期待できるとしている。」・・・日テレNEWS24より引用。

と報道されていました。

筋肉には糖分を貯蔵して、エネルギーとして消費する役割があり、

筋肉量がもっとも多いのは太ももの筋肉です。

意識して、運動することも効果ありますが、「日常的に」「継続して」

「コツコツと」 がキーワードのようです。

日頃、エスカレーターではなく階段を使用する、

ちょっと遠回りしてみる、

などなど・・・。

また、目標を数値化し、記録するのもお勧めです。

例えば、目標歩数をきめて、歩数計で記録してみてはいかがでしょう?

日常で、ちょっとした工夫をしてみましょう。

管理栄養士 小山祐子

こんにちは。
サロン管理栄養士 兼 介護職員の柴田です。

今年のGWはいかがお過ごしでしたか?

私は、特に遠出もできませんでしたが、
天気の良い朝は、早起きして、約30分ランニングをしました!
最近肩や首回りの凝りが激しいので
軽くランニングすると、身体の筋肉がほぐれ、
ストレッチ効果があったように思います★
これから休日は継続して行けたらいいなぁ...!

GW中は、利用者様も少なかったので、
おやつレクとして、いももちを作りました!
大人数になるとなかなかできないので...
スタッフも利用者様も協力していただきながら、
楽しんでいももち作りを楽しまれていました!
磯部味と、チーズ イン いももち。
焼いたものと、揚げたもの、
2種類仕上がっていました(o^^o)

01bef23731840d3f738a409137b7af12c96b73a13f.jpg

0190158b4c923256e94c0ecb1b86d68744d1a79551.jpg

こちらは、利用者さまが作られた金太郎!
010f2adfb05175f8ba408bdc4f0153ecbc425f5caf.jpg

金太郎の前にはちまきも添えられていて、
本格的な仕上がりです★

ちなみに、私の地域は、こどもの日に食べるものと言えば、

柏餅 でした(出身は北海道です☆)。

調べてみると、関東は柏餅、

関西では、ちまきを食べるのが主流だそうですね!

文化の違いに驚きます!

01139290c377bc51d75e343c14feb9ecb7434b9c0c.jpg

01eb67f58355af5fd16b55a1225d756f0f4f725f5c.jpg

そして、こちらが、壁紙のこいのぼり。

5/5は過ぎてしまいましたが、ようやく完成しました!

93歳のご利用者様に

「この こいのぼりは、おなごが一番になっていて、間違っている。

おなごは、本当は強くて、なくてはならないものだが、

男を影で支えてこそ世の中がうまく回る。

だからおなごは、一番上にきたら アカン」

とご指摘をいただきました...。

作成者も、途中で気が付いてはいたのですが...。

来年は間違えないよう、注意して作成したいと思います!

サロンのご利用者様からは、

このように

人生の先輩として、いろいろな教訓を教えていただいています。

戦争中、戦後の苦労話、女学校時代の話、

ご夫婦のあり方、子育ての事...

核家族の私にとって、勉強になることばかりです。

謙虚な姿勢を忘れず、

明日からも、頑張っていこうと思います(^_-)-☆

サロン 管理栄養士 兼 介護職員

柴田 満里子

こんにちは☆北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

木々の緑色が鮮やかな季節になりました。

紫外線もPM2.5も気になる季節ではありますが、外を走るには快適な季節です。快適な季節は短いのですが(^^;

IMG_1448.JPG見て下さい!

幸せの四葉のクローバーが4つも見つけました!

幸せ・・舞い込んで来ますかね(^^;

さて先日、心不全で入院し、ご退院後から1年経過したMさま宅へ訪問。

当初から比べるとすっかり顔色も表情も良好。

「おかげ様で1年、無事に過ごすことができました。」とにっこりと言って頂きました。

何よりです。

私がかれこれ17年続けているお稽古(お華)(←17年もやっていることに驚きですが(^^;)

と同じ流派(小原流)の看板をお玄関に掲げておられます。

「Mさま、私も小原流を習っているんですよ。」と告白。

スマホに撮りだめている作品写真を見て頂きました。

まだまだ恥ずかしい作品ですがとっても喜んで頂けました☆

もうはさみが持てないから・・と言っておられましたが

枝ものは無理でもお花だけでも活けてみては・・・と提案。

お花を活けることも、お花を買いに出かけることも重要。

Mさまの日々の目標のきっかけになれば幸いです☆

IMG_1442.JPG

IMG_1450.JPGというわけで最近の作品でも(^^;

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

こんにちは。

京都管理栄養士の原です。

気温が上がり、日差しがきつくなってきて、薄着で歩ける半面、

紫外線対策をそろそろしないといけなくなってきましたね。

さて、最近相談していただくなかでも、特にお声の多いのが、

摂食嚥下機能が落ちてしまった方へのお食事の相談。

高齢による摂食嚥下機能低下以外にも、

脳梗塞や、舌癌などで、嚥下障害になり、

はーと&はあとに相談される方がとても多いです。

舌癌で舌を半分切除された利用者様。

誤嚥性肺炎から退院されて、誤嚥のリスクを低下させる為、リスクの少ないペースト食をご利用頂いています。

muuny.JPG

退院時に、ご自宅での食事はミキサーでなめらかな形状にした形態で、誤嚥のリスクを減らすように指導されておられますが、ご自宅ではミキサーがない為、ミキサー食のレトルトを食べておられます。

blender.JPG

食事を準備される家族様も頑張っておられますが、

ご本人様も、嚥下機能訓練を、訪問看護の言語聴覚士さんと一生懸命に取り組まれています。

利用者様やご家族様とお話させて頂くと、

糖尿病や腎臓病の方の食事療養とも共通しますが、

摂食嚥下障害の方も毎日、食事療養をされていることを感じます。

一人でも多くの方が、毎日のお食事を楽しく感じて頂けるように、

食事やその他の食品の提案をしていけるよう、

たくさんの商品知識をつけて行きたいと思います。

はーと&はあと 管理栄養士 原

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子