食事療養のサポートを現場から発信

こんにちは。お肌も心も乾燥している はーと&はあと 管理栄養士 相山です。

       

先日、訪問先の利用者様から働きものの手してるね!と言われました。

ただただ、乾燥して手がおばあちゃんなのです。。加湿と保湿をしっかりして潤いを保ちたいと思います。

  

さて、今回は「介護付き有料老人ホーム」で暮らされているY様のお話。

ケアマネージャーさんから、空腹感の訴えが多いので補食の提案をしてほしいとの依頼からのスタートです。

面談は、ケアマネージャーさん、お近くにお住まいの奥様と。

利用者様は、夏に誤嚥性肺炎を起こされてから施設では全粥(180g・大盛り)・ソフト食を召し上がっておられます。

ソフト食自体量が少なく、食べごたえがないので、早食い傾向にあるそうです。

そして、10時、15時ごろにはおなかがへったよ!というコールでスタッフさんにお知らせされます。

Y様は、アルツハイマー型認知症で入院時の申請で要介護5でした。

今は、つたい歩きなどされ、部屋の冷蔵庫を確認されたり、お薬のめたねという服薬ゼリーをおやつがわりに飲んでしまわれることも度々あるそうです。

活動量も増え、摂取量が少ない傾向にあるため、体重の減少もありました。

普段の食生活や思考などヒアリングしていると、朝に糖尿のお薬も飲んでおられることがわかりました。

おかゆを180g以上に増やすと血糖も上がってしまったという経過があるためおかゆは、今の量に決まったそうです。

15時には、奥様が訪問して一緒にテイータイムをされるので、甘い間食の提案は避けました。

    

血糖は、糖質(ごはんやパンなどの主食、くだもの、おかしなどの間食)で上がるので、たんぱく質のおかずを付け加えてもらうこととなりました。

・朝に茶わん蒸しや豆腐よせを1品付け加える

・昼食にキューピーのやさしい献立のレトルト食品(副菜・小鉢用)を1品付け加える

空腹感の訴え、血糖値を見ながらサポートできたらと思います。

     IMG_6850.JPG             IMG_6851.JPG

先日、天赦日(てんしゃにち)に宝くじを買ったら当たりました!!!!300円!

(スクラッチを3回して、3回目に・・・)

2017年もいい年でした。

*天赦日・・・日本の暦の上で最上の吉日年に5~6回しかない貴重な開運日

           

はーと&はあと 管理栄養士 相山 華菜

        

こんにちは。カスタマーセンター小山です。

雪がちらほら、冬らしくなってきました。

寒空の中で、赤い実がとても映えて見えます。

IMG_20171215_074946.jpg

 

さて、『冬脱水』。

最近、よく聞く言葉です。

空気が乾燥しているうえに、ウイルスによる腸管疾患による下痢等、また、トイレが近くなるとの理由で水分補給をひかえる...など、冬でも脱水の危険因子がたくさんあります。

 では、具体的にどのような症状がでたら、危険信号なのか...。

 冬に経口補水液を摂る場合の、普段の生活の中での目安となる、

カラダのサインは「カサカサ」「ネバネバ」「ダルい」「フラフラ」です。

 ●「カサカサ」は、皮膚の乾燥

●「ネバネバ」は、口腔内がネバネバする。脱水の始まりです。

●「ダルい」は、脱水の初期症状です。

●「フラフラ」は、めまいや立ちくらみなど、脱水がかなり進行している状態です。

 脱水にならないためにも、こまめに、少量ずつ、水分補給をこころがけましょう。

カフェインの少ない水分を選ぶようにしましょう。

はーと&はあと 管理栄養士 小山祐子

 

こんにちは!
サロン管理栄養士 兼 生活相談員の柴田です。
毎日寒いですが、いい天気が続き心地よいですね!
風邪をひかないよう、気をつけて過ごしていきたいと思います、

さて、もうすぐクリスマスですね。
サロンでは、手作りのクリスマスツリーに、

利用者様手作りのクリスマスブーツを飾りつけました!

DSC09546.JPG

DSC09541.JPG

キレイでしょう?!
サロンでは、12/20〜22、12/25にクリスマス会を開催します。
利用者様の歌、スタッフからのお楽しみ企画、スイーツバイキングなど
お楽しみの機会が満載です!

クリスマス会の昼食は、昨年と雰囲気を変え、
マカロニグラタン、かぼちゃのサラダ、デザート、焼きたてパン
が提供されます。
管理栄養士の末藤さんとも相談し、
普段、ムース食やTaBeLuソフト食を召し上っている方にも
形態を変えたり、大きさを変えることで召し上がって頂こうと考えています。
キッチンスタッフも、何度も試作を重ね、美味しくて食べやすい方法を

考えてくれています!

総義歯の方や口腔内に歯があまりない方が
食べても大丈夫かどうか?を検討するために、
私もなるべく歯を使わず舌で押しつぶして食べてみました。
マカロングラタンはオーブンで10分ほど焼き付けるため、

予想以上に熱い!!
当日は、焼き時間と提供のタイミングの調整がポイントになりそうです。

味はとても美味しくしあがっていますので、お楽しみにしていてくださいね!


焼き立てパンも、まだ試作中です。
焼きたては、香ばしく独自の香りがあって美味しいのですが、
時間が経つと市販のパンより硬くなりやすいのです。

パンの種類もクロワッサンにしようか、ロールパンにしようか、

白パンにしようか...と、豆乳パンにしようか・・・と、検討中です♪
 咀嚼や嚥下が難しい方には、柔らかいパンを提供したり
パン粥で提供することなど検討していく予定です。

サロンクリスマス会まであと約一週間。
ステキなクリスマス会になるよう、
介護のスタッフも頑張っています!!

みなさん楽しみにしていてくださいね!

サロン管理栄養士 兼 生活相談員
柴田 満里子

こんにちは☆北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

12月に入り、いよいよ冬到来。インフルエンザも流行り出したようですし、しっかり食べて、寝て・・・どうぞお気を付け下さいませ。

そんな先日、某化粧メーカーがやっている無料診断を受けてみたところ・・

「肌の油分も水分もバランス良いですがキメが流れてます。」

キメが流れる!? なんだ??

毎日、バイクで走っている故、肌が風に吹きさらしにあっているためキメが流れているのでは?みたいなことを言われてしまいました。

寒さ対策に加え、キメ対策も考えないといけない・・・

今日の主人公は

認知症のある奥様の介護で家をあけにくく入院したくないというMさま。80代の糖尿病の男性です。

伺った時のHbA1cは9を超えているとのこと。

ご本人曰く「断りの電話をしようと思っていた」ところに到着。せっかくなんで栄養指導でも・・と話をさせて頂きました。

結局、入院できないのでなんとかHbA1cを下げないと・・と説得して配食スタート。ストレスから間食が増えていたようです。また、なんとかしたいというキモチから主食を抜いたり・・

ちゃんと主食を食べること。

間食は時間を決めて食べること。

朝食にも野菜を用意すること。

夕食後は食べないこと。

などなどお約束をして頂き、配食スタート。

その後、何度かご質問の中で体重が減ったとお喜びの声も聞きながら、迎えた血液検査。

BG148 HbA1c8.4と改善。

主治医も喜んでくれたようで、『あの時、断らなくて良かった』と言って頂きました。

改善したとは言え、まだHbA1c8.4。引き続き取り組んで頂く必要があります。今回の努力を称えながら、継続して頂くことを伝えました。

喜びの声もたくさん聞けた反面、昨日ご本人と喋ったのに緊急搬送されICUですというご家族様からの報告も、今後経口摂取はできないかもしれない・・という悲しい報告も。

たくさんの声と人に出会った11月。

今年もあと1ヶ月。

キメ対策もしながら走りたいと思います。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_1614.jpg

久々にお稽古の作品でも・・・

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子