高血圧・心疾患の方へのサポートの最近のブログ記事

こんにちは、京都管理栄養士の島田です。

今年の梅雨はあまり雨に当たらないと思っていたら梅雨らしい湿気が到来してきました。日差しがきつくない分外出は楽ですが、雨だとカッパを着たり脱いだりに時間がかかるので大変です。

曇り空でも紫外線対策が必要な季節、日焼け止めクリームは必須ですが気を付けたいのがSPF表示。最近はメーカーさんが頑張られてSPF50の商品ばかりです。(昔は25とか35とかもありましたが)

SPFってよくわからないと思い調べてみると、紫外線が肌に当たって炎症が起こるまでの時間を遅らせてくれる働きがあるようでSPF1で時間にして約20分程度。つまりSPF50だと、20分×50なので1000分=16.6時間は大丈夫ということ。なるほど16時間も安心なんだと思いきや、20分程度の外出ならSPF1でもSPF50でも効果は同じです。しかもSPF50を配合するためにはかなりきつめの成分などを配合しないと駄目でそれ自体が肌ダメージの原因になることも。紫外線ダメージは防げても肌ダメージはでてしまうことも。短時間の外出程度ならSPFが低めのものを、1日中スポーツやレジャーを楽しむときはSPFが強めのものをと目的によってプランニングすることが大切なようです。

前置きが長くなりました

さて、今日は退院後のカロリー管理に配食をプランさせていただくことになったH様のお話です。

最初の面談は4月末GW前でした。ご家族や関係機関の方々を含めた退院時カンファに参加しての面談でした。

H様(70代、女性、軽度認知症あり)のご主人は今も現役で週3回働かれていて、息子様家族と二世帯住居のため、夜はご家族お揃いですが日中はお一人になる時間が多い生活を送られていました。横になって間食習慣があり体重が79kgになって自立歩行が難しくなり、入院で管理。入院中の制限食で75kgまで体重が落ちたところで退院時期となりカンファ開催となりました。

まだ歩行は支えが必要でリハビリが必要だけど負荷はあまりかけられないので徐々に観察しながら行っていくこと。DSとSS(ショートステイ)を利用しながら本人の活動量を上げつつご家族の介護負担軽減を図ること。自宅での食事はカロリー調整された配食を利用すること。朝はお嫁様に用意いただく事でバランスを整えてもらう事(朝食の献立例も提案しました)を計画してGW明けから在宅ケアプランがスタートしました。

病院ではなんとか食べられていた食事も自宅に戻られるとリセットされ配食は食べずに好きな物に手が伸びてしまう心配もありましたが、ご家族、ヘルパーさん、デイのスタッフさんがこまめに声掛けサポートしていただき配食も完食、お菓子も控えて頂き、先日ご様子をお聞きしたらさらに体重が減って70kgになられたと喜びの声をケアマネジャーさんから頂きました。

(ケアマネジャーさんのところにもご家族からわざわざお休みの日にお礼の電話がかかってきたそうです)

一カ月で4kgは落ちすぎな感もありますが、カロリーの管理ができていること、リハビリ効果で移乗なども徐々にスムーズになられて活動量が増えてきていることが相乗効果としてでているのだろうとお伝えして、これからはタイミングを見てカロリー制限を緩めて活動量を確保しつつ緩やかな減量を目指していくことでプラン作成していくこととなりました。

まだ、退院して一カ月ちょっと、ずっとH様が在宅で安心して生活していくためにも上手にプランニングしていきたいと思います。

よりよいプランを建てれるように学会でスキルを勉強してきます。

ご興味ある方はご参加ください。

IMG_0003.JPG

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

こんにちは、京都管理栄養士の島田です。

暑くなり、汗をかくことが増えてきました。普通の水分補給と脱水予防の水分補給の仕方は異なることを先日社内で行われた大塚製薬さんのOS-1の勉強会で学びました。

昔は、スポーツ飲料は薄めて飲むのがいいとか指導されていましたが最近は体の浸透圧を考慮して作られている清涼飲料水が多いため逆に薄めてしまうと吸収スピードが遅くなって水分補給に時間がかかってしまうことから薄めずそのまま摂取することが指導されています。

時代とともに製品も指導内容もかわっていきますね。

さて、先日訪問に伺いましたH様(60代後半、男性)

心疾患があり、減塩指導を受けての退院後の食事療養に塩分調整食をご用意しております。

病院での減塩になれていたこともあり塩分6g/日制限、1食2g以下のお食事もしっかり召し上がられていて自宅での減塩療養に取り組まれています。

実は4~5年前はH様のお父様が配食サービスの利用者様でした。利用当時お世話になっていたのを思い出して近くの利用者宅にお届けしている配送員を見かけて「今度はご自身の栄養管理に」とお声掛けいただきました。

(時代とともに父・息子様の食事療養に関わらせていただくことに)

減塩食は普通の方には味が薄く感じるため(中にはまったく味を感じないくらい薄く感じる方もおられますが)なかなか継続していくのが難しいです。もともと薄味嗜好で大丈夫な方はいいのですが、日頃の塩分摂取量が多い方ほど減塩はストレスになります。

少しずつ低塩になれていただき最終目標塩分6g/日未満の食事を目指して最初は1食塩分2.5g以下の食事からスタートする方もおられますが、H様は最初から2g以下で在宅での療養をスタートされました。

最近では高血圧食には減塩だけでなくDASH食(ダッシュ食)という療法が注目を集めています。

DASH食とは、野菜、果物、魚介類、海藻類、豆類をしっかり摂り、肉・卵・マヨネーズ・生クリーム・バターなどを動物性食品などからの脂肪の摂取量を控える食事療法です。昔の日本食に近いですよね

また、食べる順番も大切といわれていて、基本や野菜からなのですが、その前に酸味のある食べ物を食べてもらう事(果物や酢の物)がポイント。

酸味を口に含むと、次に食べた物の塩味を感じやすくなるため、減塩の食事でもそんなに薄く感じずに食べる事が出来て減塩が長続きしやすいのだとか。足し醤油などを減らす効果もあるかもしれません。(ある病院では食事前に一口だけ果物を食べてもらってから食事を提供するところもあるようです)

在宅でも実践できる簡単な食べ順の工夫ですよね。心疾患の再発予防には血圧管理が大切ですから高血圧食によいDASH食もお勧めです。

減塩を長く続けてもらい、減塩食が普通の味付けに感じられるようになるまで食べ順にも気を付けてもらいながら野菜、果物、魚介類、海藻類、豆類をしっかり摂っていただきたいと思います。

先日社長にご馳走になりました。勝牛の牛ロースカツ膳

IMG_3082.JPG

IMG_3081.JPG

食べ方は

1枚目はわさびをのせて牛カツソースで

2枚目は山椒塩につけて

3枚目はカレー汁について

4枚目は京玉にくぐらせてと色々な味での牛カツを堪能しました。

これもより美味しく食事を楽しむための食べ順ですね。

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

こんにちは。京都管理栄養士の山村です。

1年で11月後半が一番嫌いかもしれません。何故なら12月が見えてきて気ぜわしいからです(苦笑)

忘年会なども開催される時期ですね。食事制限がでてられる方には踏ん張りどころです。

私も11月後半から早くも忘年会の予定が・・・

IMG_0229.JPG写真のイラストは当社管理栄養士のそっくり?似顔絵です。

関係機関の方々や最近では新規でご利用時にホームページを見て頂ける事が多いです。

管理栄養士の日々の活動は「ブログ」でご紹介しています。

私の友人がこのイラストを見て、え?こんなにいっぱい管理栄養士が在籍しているの?と。管理栄養士が

食事療養のサポートをさせて頂き活躍しています。病院の主治医から制限がでていたり、食事が食べづらくなっていたり、「食」に関するご相談を受けています。是非お待ちしております。

私はクリニックでの栄養指導も担当しています。

60歳代、男性、高血圧、脂質異常庄、軽度肥満、独居、性格温厚。元格闘家。

1年前、最初栄養指導に来られた時は、中性脂肪が600mg/dl位あり、上げている原因を一緒に考えていました。

明らかに、あめやクッキーの量でした。あめは1日に何袋もぼりぼり噛んで摂取。クッキーもパクパク。

揚物大好き、麺類の汁は飲み干す!と一目瞭然でした。頭脳では分かっているけどなかなかあめやクッキーが止めれずにおられましたが、

3ヶ月後には数値が基準値あたりまで改善。もう少しというところで、さらに3ヶ月後少しだけ悪化。

自身からの声で「意識変容はできているので、あとは行動変容です」と。

いやいや、ここまで改善させているので、行動もできてますよ!と褒めました。

う~ん、そうかも。麺の汁を飲もうとしても、ちょっとストップかかるものね・・・・と。

元格闘家で物事にストイックです。なので「あなたはできます!」とやるきスイッチを押し次回の目標の

確認をしました。

冗談を若干交えながら、栄養アドバイスをすすめています。病状レベルやモチベーション、年齢、性別

今までの食生活を踏まえ食事療養を何とか継続してもらえるように関わっています。

大変ですが、これがやりがいだと思います。

この男性のフォローも継続していきます。

はーと&はあと 管理栄養士 山村 豊美

こんにちは。北摂事務所の仲野です。

毎日ムシムシ・・・。(××)暑い日もあり、雨の日もありバイク移動の多い私達には嫌な季節です。

さて、今回は先日減塩食をご希望のお客様へ訪問させて頂いた話です。

至って健康な70歳代のご夫婦なのですが、今年春先に奥様が狭心症で入院され先日退院されました。医師からは塩分を控えるように指導があったようです。奥様は「今までそんなことを言われたことはないのに。なんでも塩は入ってる。何も食べられない!」と、とってもナーバスになっておられました。

ご主人はそんな奥様に対応することに疲れた様子で配食を希望されました。

一通り塩分表を用いて減塩について説明させてもらいました。今までは漬物、ハム、ちくわなどの加工食品を多く摂られていたようなので、まずはその点を改善することから始めるようにお伝えしました。

奥様はしんどいお体を無理して減塩醤油をつかって一生懸命調理されていました。なので、それ以上の事はあまり多くお伝えせず、退院したばかりなので無理だけはしないようにお願いしました。

気にするあまり食欲がなくなっている奥様、その姿をつらそうに見ているご主人。

ご主人は「正直、減塩なんてもう歳やし、多少はいいと思っている。ただ、妻が『これを食べていたら大丈夫』と思えるものが欲しい」と仰っていました。・・・お気持ち、分かります。

急に「減塩」と言われても戸惑うと思います。少しでも安心出来て負担を軽減するお手伝いが出来れば。と思います。

㈱はーと&はあとライフサポート  管理栄養士 仲野ひとみ

こんにちは。北摂事務所の仲野です。

4年ぶりに配食を再開されるご利用者宅に訪問させて頂いたお話です。

以前は高血圧を改善する目的で減塩食を利用されていました。その後、体調が戻られたようで半年ほどで停止されました。

それからご自宅で頑張っておられたようですがだんだん足腰も痛くなり買い物も大変ということでこの度配食を再開されることになりました。

私は初めてお会いしました。とても食事療養に熱心な方でご自宅でも減塩醤油、生の魚を味付けなしで食べるなど、とても注意されていました。

ただ、血液検査の結果にも異状がなく、脂質異常、肝臓、腎臓ともに問題はありませんでした。ですので、「大丈夫です。減らすことばかりでなく、ちゃんと食べる!ということも大事ですよ。」とお伝えしました。そうすると、「そう言ってもらえて安心しました。これからも安心するために はーとを使います。」と言って下さいました。異常値が無くても今後のお体のことを考えて利用される方もおられます。

この方、89歳です。ご本人様は「100まで頑張る!」と意気込んでおられました。

これからも「安心」を届けたいと思いました。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 仲野 ひとみ

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子