日々の活動報告の最近のブログ記事

こんにちは、カスタマーセンター管理栄養士の島田です。

暖冬ですね、こたつを出しましたが、あまり使ってないです。

さて、先日自身も会員であります高槻ケアネットの研修会にて、講師をさせていただきました。

題名は『私たちが知っておきたい高齢者の栄養チェック~フレイル・サルコペニア予防のために』

最近になり、一般的な認知度も上がってきたフレイル・サルコペニアについて、管理栄養士の立場から簡単ではありますが介護職の皆様にお話しさせていただきました。

hフレイル・サルコペニア予防.jpg

島田さん①.JPG

参加いただいた方から感想レポートが上がってきましたのでご紹介させていただきます。

(原文)

11月22日、「はーと&はあとライフサポート」の島田天心さんを講師にお迎えし研修会を開催しました。

私は介護支援専門員をしており、フレイル・サルコペニアのご利用者様を実際に担当しています。

フレイル(虚弱)はフランス語で、老化に伴い筋力や活動が低下している状態のことで、身体機能の低下だけではなく、閉じこもり、意欲や認知機能の低下などの多様的な要素が含まれています。

サルコペニア(筋力減少症)はギリシャ語で加齢に伴う筋力量、筋力、身体機能の低下です。原因は加齢以外にも、エネルギーやたんぱく質などの摂取不足、身体活動力の減少、疾患があげられます。

この状態について何となくはわかっていましたが、どんどん体重が減り、食欲がなくなっていくご利用者様に対しどのようなアドバイスをすればよいか?と悩んでいました。そんな中、この研修があることを知り、参加させていただきました。

 私はこの研修を受けるまでは、加齢になると運動も活発にしないため、カロリーが消費されないので「粗食」が身体によく、コレステロール値が上がらないために脂質は出来るだけ摂らないようにするのがよいのだと思っていました。

しかしその考えは間違っており、「粗食」になるとたんぱく質不足、栄養不足になり、血管が弱り認知機能や筋肉量が低下します。そのために廃用症候群で歩けなくなり、脱水や肺炎、貧血や出血を起こし疾病になるリスクが高くなります。70歳以上の5人に1人が低栄養状態だと知り驚きました。

低栄養にならないように10食品群チェックシートで栄養が摂れているか調べる方法があります。1品目1点で計算し9点以上が目標。3点以下だと老化が加速。この方法だと色んな食品をとることを意識しやすいので、ご利用者様にも活用してもらい楽しく栄養を摂ることを意識していただきたいものです。

予防のために適度な運動や栄養バランスのよい食事をすることが重要です。食欲がない方に対しては、引き起こしている要因を探すことも必要になります。独居で寂しく、食事を作る意欲をなくしている方もいます。外出し交流する場を提供し、楽しくお話しながら食事することで食欲がでる場合もあります。要因を探すためにも、きっちりとアセスメントを行うことが必要だと改めて思いました。

疾病などで食事が摂れない時は、栄養補助食品や食事の形態を変えることで低栄養を防ぐこともできます。高エネルギー、高たんぱく質を摂れる食品がたくさんあり、ゼリー状や飲料いろいろなタイプの物があるので、管理栄養士さんと相談しながら、ご利用者様にあったものを提供することが大切だと感じました。

今まで管理栄養士さんに相談することが少なかったので、今後は気になる事があれば相談しアドバイスをしていただきたいと思います。

「外に出よう」「人に会おう」「何かの役に立とう」の言葉を念頭において、ご利用者様がフレイル・サルコペニアを予防できるように支援していきたいと考えています。

普段栄養のお話を聞く機会がなく知識があまりありませんでしたが、島田講師のお話はとてもわかりやすく、事例説明もありとても勉強になりました。

ありがとうございました。

島田さん④.JPG

島田さん③.JPG

高齢者の栄養状態 チェック方法 

※食事・栄養以外の要因の可能性もあるので目安としてください。

 

①   簡単フレイルチェック

1. 6か月間で2~3㎏の体重減少があったか?

2. 以前に比べて歩く速度が遅くなってきたと思うか?

3. ウォーキング等の運動を週に1回以上していない

4. 5分前のことが思い出せない

5. (ここ2週間)わけもなく疲れたような感じがする

「はい」が3つ以上当てはまれば「フレイル」、1~2つで「フレイル予備軍」

 の疑いありです。

 

②   10食品群チェックシート

10食品群チェックシート.pdf

量・回数に関係なくその日に食べたものに○をつける。毎日継続して記録することでたんぱく質を意識して摂れるようにするもの。7つ以上○がつくような食生活を目標に。○が少ないと低栄養状態になっている可能性があります。

インターネットでチェックシートをダウンロードでき、デザインも様々あります。

この他スマホアプリで毎日の記録を管理・分析できるものもあります。

☆ 1日3食をしっかり食べることを目標に。

たんぱく質を意識して摂るようにする。その他ビタミンD、カルシウムも必須の栄養素。

そのうえでなるべくバランスよい食事を心がけましょう。(終わり)

少しでも皆様の予防の寄与できれば幸いです。

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

こんにちは。カスタマーセンター管理栄養士の島田です。

秋の夜長も、美味しいお酒の季節になってきました。そろそろアルコールもビールからお湯割り・熱燗に衣替えですね。

さて、先日、高槻ケアネットの研修会、認知症サポート養成講座に参加してきました。

サポーター養成講座.JPG

今回の講座では参加したレポートを書くことになり、先日、ケアネットに提出いたしましたレポート内容を添付して、ブログ内容とさせていただきます。

【以下レポート内容です】

認知症サポーター養成講座に参加させていただきました。個人としては今回で講座を受講するのは3回目になります。今回が一番わかりやすく学ぶことが出来ました。

最初に受けたのは7~8年以上前だったと記憶しています。認知症の方の増加に伴い、認知度や理解度は進んでいるのだと感じますが、まだまだサポートが十分とはいえない部分も多々あることを改めて考えさせられました。

認知症とは、色々な原因で脳の細胞が死んでしまったりして、脳の司令塔の働きに不都合が生じ、さまざまな障害が起こり、生活する上で支障が継続している状態を指します。認知症が進行すると記憶することができなくなり、覚えられない、覚えていたことを忘れるといった症状が現れます。加齢による物忘れとは異なる障害がみられるようになります(例えば、何を食べたかを思い出せないのは物忘れですが、認知症では、食べたことじたいを忘れてしまいます)見当識障害や理解・判断力の障害・実行機能障害・感情表現の変化なども進行の段階により現れてきます。

認知症の診断・治療にはやはり早期発見。早期受診、診断、早期治療が大切です。なぜなら、認知症の中には治る病気や一時的な症状の場合もあります。外科的処置、内科的治療でよくなる場合もありますが、長期間放置すると、回復が不可能になるからです。

自身の母方の祖母も今年で88歳ですが軽度の認知症状が見られます。今年からデイサービスに行き出しましたが、デイに行くことを忘れて畑に草むしりにでかけてしまって、送迎スタッフが所在不明で捜しまわることがたびたびありました。デイのスタッフに迷惑をかけるからと家族がデイサービスの利用を中止してしまいました。本人は楽しくデイに通っていたのに勝手に中止された(自分は嫁にいじめられている)と愚痴っているようです。認知症の方、それを支える家族のサポート体制など、身近でも試行錯誤が続いています。

自身の仕事である配食サービス利用の方でも、食事を受け取ったのに「食事がきていない」「食事がない」と電話を受けることがたびたびあります。冷蔵庫の中や電子レンジの中、キッチンなどを探してみてくださいとお願いすると、見つかることが多々あり、認知症の記憶障害である短期記憶がとんでしまい、数分前の記憶が残らない方への対応に難渋することもあります。

グループワークではそのような認知症の方のご家族にどのような声かけをするのがよいのかを考えました。認知症の人への対応の心得は1.驚かせない 2.急がせない 3.自尊心を傷つけないことです。具体的な7つの対応として、まずは見守る、余裕をもって対応する、声をかけるときは1人で、後ろからは声をかけない、やさしい口調で、おだやかに、はっきりした話し方で、相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応することがポイントになります。

講習会.jpg

一番不安やストレスを感じているのは本人です。認知症が進行して現れる様々な症状を我々が理解し受け止めること。本人やご家族に一緒に向き合っていく仲間(スタッフや関係者)がいることを伝えること。気づいてあげること、声をかけてあげることの大切さを共有することを今回の研修会で学びました。

鶏肉たたき.JPG

その後美味しい鶏料理を堪能しました(認知症になっても、美味しい料理と美酒を飲んだ記憶だけはなくならないでほしいというのは我がままでしょうか)

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

おせちの注文受付を開始しました!

2019年にご好評いただきました、京料理せんしょうさまとのコラボおせちのお知らせです。

1.特製二段重(2人前)

2.ちょこっとおせち(1人前)

3.減塩ちょこっとおせち(1人前)

4.やわらかおせち むつみの重(1~2人前)

おせち2020表.JPG

お品書き

おせち2020お品書き.JPG

配食サービスをご利用中の方のみの受付ですが、多数のご注文お待ちしております。

<配食サービスのカタログをご希望の方は

 下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあと 在宅食生活サポート事業部

こんにちは。北摂管理栄養士の杉浦です。

 

やっと梅雨も明けて夏本番になりましたね。

まだまだ身体が暑さに慣れていない為、毎日大変です。

 

ご利用者様の中でもこの一週間、体調不良や食欲不振を訴えられる方が少なくありません。

 この時期は食欲不振から脱水状態になったり、毎日蕎麦やうどんなど主食だけを食べ、魚や肉・卵・野菜・きのこなど主菜・副菜が不足しがちになります。これらが不足してしまうと倦怠感に襲われ、さらなる夏バテを招く原因にもなります。

うどんに卵を入れる、野菜たっぷりいれた焼きそばを作る、サラダに豆腐を入れるなど、たんぱく質・ビタミン・ミネラルもお食事にとりいれて夏も元気に乗り切りましょう!

 

今日は、栄養表示の見方第3弾についてお話しします。

 

皆さんは商品を買う時に、「○○強化」「△△入り」または「◆◆控えめ」「ノン□□」などという表示を見たことがありますか?

 

これは『栄養強調表示』といい、不足又は摂りすぎる事によって健康に影響を与えている栄養成分について、補給が出来ることや適切な摂取ができるよう基準を定めた表示となっています。

 

★栄養成分が多く入っていたり、含んでいることをアピールした表示★

高○○・△△豊富・〇〇入り・〇〇使用など

ベジタイムCa.JPGベジタイムFi.JPG

食物繊維やたんぱく質、カルシウム、鉄、カリウム、銅、ビタミンA、ビタミンCなどが対象になっています。これらはそれぞれ基準値が定められており、その基準をクリアしたものだけが表示をしてもいいことになっています。

 

暑くてあまりたくさん食べられない・・という方は、これらが表示された食品をうまく活用してみてはいかかでしょう。

当社でも栄養成分が強化された補助食品を色々と取り扱っておりますので、お悩みの方は是非一度ご相談くださいませ♪

はーと&はあと 管理栄養士 杉浦

みなさんこんにちは(^_^)/京都管理栄養士の竹輪です。

早いものでもう夏休みに入ったみたいですね!

先日、伏見区の地域包括主催の配食会社の合同試食会に参加してきました。

対象は包括で心不全のご利用者様にかかわっているケアマネージャー・看護師の方々で、約40人の方々への試食と、はーとの業務・サービス内容の説明をしてきました。

試食会

試食内容は塩分調整食(心疾患・脳血管疾患・糖尿病等)塩分5~6g。

この日の献立は、主菜:牛肉と焼きねぎの治部煮、副菜::マカロニと野菜のたらこマリネ・アスパラのおかか和え・こんにゃくの含め煮で、塩分は1食あたり2.0g。

皆さんに試食頂き、「塩分2.0gなのにしっかり味がついてますね」「減塩だけど蒟蒻にもしっかり味がしみていて美味しい」などとても好評でした。

また、私たち管理栄養士が配食ご利用前にご自宅に訪問し、きちんとアセスメントを取って食事療法をサポートしている事や担当者会議等に参加し食生活に問題がある場合は改善のアドバイスを本人様やご家族様にしていることなどもお伝えしてきました!

包括のケアマネージャーの方々は弊社について知っている方も多かったのですが、看護師さんは知らない方も多かったので、とても良いアピールの場になりました。

はーと&はあと 京都管理栄養士 竹輪美里

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希