腎臓病・透析の方へのサポートの最近のブログ記事

みなさんこんにちは!京都管理栄養士の竹輪です(*^^*)

4月になり、気温の上がり下がりはありますが、春の訪れを感じる日々です。

IMG_0324.jpgのサムネイル画像   IMG_0327.jpgのサムネイル画像

桂川沿いの菜の花と桜が満開でした。春になってもコロナウイルスの終息はまだまだ遠いようで、訪問時のマスク、帰社後の手洗い・うがい・消毒など予防は怠れないですね・・・(4月8日からは訪問を控えております)

3月に訪問した、腎不全の90歳男性の新規訪問に行ってきました。

先日まで入院されており入院中は腎臓食を喫食されていましたが、退院後主治医の先生とも話し合われ、年齢的なことも考慮に入れたうえであまり制限をかけずになるべくおいしいものを食べたいというご希望でした。

腎機能の数値は、クレアチニンCre2.02、尿素窒素BUN35、尿酸UA7.7、糸球体濾過量eGFR25、カリウムK4.2、アルブミンAlb4.4。

主治医からは「腎機能はそこそこで維持している」と言われたとの事。

血液検査の結果的にはG4の高度機能低下。

慢性腎不全の治療目的は、進行を抑え、末期腎不全や脳・心血管疾患の発症を防ぐことで、そのためには、たんぱく質と塩分を制限したお食事が必要となります。(場合によってはカリウムも!)

腎機能維持されており、本人様は塩辛いものなど好きではなく、塩蔵品(漬物・練り物(かまぼこ・かにかま等)・ハム・ベーコンなど)もほとんど摂取されないため、本人様の希望に則り健康バランス食での配食開始となりました。

はーとの健康バランス食にはお漬物が入っているので、お漬物は残すようにしましょうねと言うと、「それは自信をもって食べないと約束できます!」と笑いながら話されました。

今月から毎日の夕食にてご利用いただいています。本人様の喫食状況や血液検査結果など確認しながらフォローを行っていきます。

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあと 京都管理栄養士 竹輪美里

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

もう早いもので1月も20日を過ぎて数日・・・

暖冬のせいで?農作物にも影響がでているようです。葉っぱモノは大根が成長しすぎて廃棄するというショッキングなニュースを聞きました。通常の3倍くらいに成長した大根。味は一緒だと思うですけどね・・

さて、年末「水分管理もできていないし、食事内容も気になる方が居るんです・・」とケアマネジャーさんからの相談されて始まったHさま。ブログでも紹介しました。

その後・・・年末にケアマネジャーさんから嬉しいご報告がありました。

永らく体調不良で行けていなかった地域のカラオケ教室に行くほど体調が整ったようです。

まったくできていなかった水分管理ができるようになった、3階の自宅まで上がれるのもままならない体調だったのでどうなるかとかなり心配していた。栄養士さんに介入しててもらって本当に良かったです。

と、大変お喜びの報告を頂くことができました。

そこまで言ってもらえると、こちらまで嬉しくなります。

ところが・・・

年明けに電話をすると、どうもおかしい。水分管理ができていない様子。

早速見に行ったのですが、やはり水分管理ができておられず・・・

もう一度、『朝に水筒に入れるのは250ccまで。午後から250ccを入れるて、とにかく1日の水分摂取量を500ccまでを守る。』

を伝え、ご家族にも再度ご協力頂くようお願いしてきました。

透析日以外に月1回のペースで緊急搬送されていた今までを考えると、1ヶ月経過し月1回の緊急搬送は免れていますが・・・

他に何か手立てがあるのか??しばらく経過観察です。

そんな2020年の幕開け・・・

2010年からご利用頂いている高槻市のTさま。2010年~2011年5月まで高槻市の担当だのですが、あれから8年ぶりに会いに行ってきました。

ちゃんと覚えてくれていました♪

「あんたと、はーとのお弁当で仕事が続けられている。」と言って頂きました。

はーとに転職した1年目。(もう16年と数か月前になります(汗))

同じような言葉を頂きした。糖尿病の自営業の社長さん。

「あなたのおかげで仕事が続けられています。」

「私のおかげ」ではないですが、そんな言葉をかけて貰えたことがすごく嬉しくて、あの時の感動を今でも覚えています。

初心を忘れず、2020年も喜んで貰えるように頑張りたいと思います。

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_2437.jpg

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

早いもので今年も残り15日あまり。まもなく2019年も終わりです。

12月と言え、なんだか暖冬?寒さがマシなのは大変ありがたいことですが地球温暖化かと言われるとそうは喜んでおられません・・・

さて・・・

「水分管理もできていないし、食事内容も気になる方が居るんです・・」とケアマネジャーさんからの相談がありました。

早速、ご本人とご家族の元へ・・・

心不全の70歳代女性。ご主人と息子様とお住まいのHさま。

2019年5月より透析開始となったようですが、いまいち体調が優れないとのこと。透析日以外に月1回のペースで緊急搬送されているよう。

1日の摂取水分は500ccの制限が出ているようですが・・・

ようやく最近、水筒にお茶を入れて飲むようになったんです。とご主人が持ってきた水筒。中を覗くと・・・

なんと、もう1/5量も入っていない Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

訪問した時間は13:30。

まだまだ半日は残っているし、夕食後の薬も飲んで頂かないといけないのに・・・

よくよく聞くと、朝からオレンジジュース250cc、紅茶をカップ1杯も飲んでおられた。

オレンジジュースも紅茶も水分という認識が無かったようで・・・

これは大変!

最近は透析しても除水しきれていないようですし。

ちょっと厳しめに水分制限の重要性を伝え、どうやって1日の水分管理をするのか・・・・

水筒に入れて頂くのはお湯にしてもらい、そこから飲みたいほうじ茶や紅茶を作る。

朝に水筒に入れるのは250ccまでとし、午後から250ccを入れることで、とにかく1日の水分摂取量を500ccまでを守る。

水分制限、守るのは大変だとは思いますが守って頂かないと命に係わりますしね。

Hさまの体調管理、少しでも緊急搬送の頻度が減ることを願って。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_2419.jpg

先日、お義姉さんからたくさんリンゴを頂いたのでジャムにしました。我ながら上手くできました♪

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

こんにちは、京都地域担当の山本です。

紅葉がきれいですね。そろそろ最後の見頃でしょうか。

すっかり寒くなり、私は原付バイクでの移動に備えて足先から腕まであったかインナーを纏っています。

皆様も暖かくしてお過ごしくださいね。

先日訪問看護ステーションの方の勉強会にお招きいただき、

弊社の嚥下食≪スムースグルメ・ホスピタグルメ・タベルソフト≫について紹介させていただきました。

商品やご利用方法の紹介に加えて、現在どのようにご利用されている方がいるかや、

どのような支援をしているかなど具体的な例を交えてお話させていただきました。

その中の1例をご紹介いたします。

M様は91歳、女性。腎機能低下。医師から塩分6g以下の指示あり。

ご飯は粥でなくても食べられるが、葉物野菜など繊維の残るものや少し硬いものは出してしまい、受け付けないため、やわらかい食事を希望という話でした。

そこで始めに弊社の"見た目がそのままでやわらかいお食事" タベルソフト・ホスピタグルメ ともにお試しいただきました。

するとどっちもおいしく食べられるとのこと!

朝昼夕、すべての食事が必要だということもあり、併用でご利用されることになりました。

タベルソフト・ホスピタグルメはどちらも塩分は1食あたり2g以下になっているため、制限もクリア。

またM様はご飯をしっかりと食べられるため、必要なエネルギー量も充足する計算になりました。

朝はホスピタグルメ・昼夕はタベルソフト・・・もしお粥だった場合には必要なエネルギー量に合わせて補助のゼリーなどをご提案したり・・・

こんな風にご利用の組み合わせはお一人おひとりに合わせてご提案しております(*^_^*)

銀杏.jpg先日お散歩中に見つけた銀杏です。

グラデーションになっていて綺麗でした!

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 山本博子

こんにちは。北摂管理栄養士の杉浦です。

 

最近日が落ちるのが早くなってきましたね。17時を過ぎるとほとんど周りが見えなくなってくるので、原付の運転をするのがドキドキです。

 

さて、今回は現在配食を利用されている腎臓疾患の方の食事アドバイスについてお話しをします。

 

今年の6月より配食を利用されているAさんは、急性腎不全にて緊急入院、在宅に帰るに当たりどのくらいの量を食べたらいいか、どんな調理をすればいいか分からないとお困りでした。退院時の指示では 11600kcal たんぱく質42g

 

入院中に体重がとても減少したこと、食事作りへの不安があった為、まずは調理ストレスの軽減及び腎機能にあわせた必要栄養量の確保を目的に配食を週に10食のご利用からスタートしました。

 

初回面談では、配食以外の食事について、1食分の目安量、エネルギー確保のための調理の工夫、それでも不足しがちな栄養素を補助食品も併用しつつ11600kcal たんぱく質4045g/日の食事になるようアドバイスを行いました。

 

半年後の面談では、体重が初回と比べて4㎏程度低下していました。腎機能データはまずまず維持されていますが、カロリーの不足によるものではないかとのことで1800kcalたんぱく質50gに栄養量が変更されており、Aさんよりどのくらい食べたらいいのか?計算するのが大変・・とご相談がありました。

 

指示栄養量が変更した為配食の食種を変更、またAさんは毎日栄養計算をされ記録を残すなどとても努力をされていましたが計算することへの負担も感じておられたので、計算を毎回しなくても大丈夫であるように、Aさんの食生活に合わせた各食材の1食分の摂取目安量表をお渡し、また朝食のタンパク質を減らすことによって昼・夕の食事をボリュームアップし満足度を上げる献立の工夫についてアドバイスを行いました。また徐々にではありますが、カリウム・リンの上昇傾向が見られたため、これらを多く含む食品を一旦中止し、次回採血にて栄養評価を行う事となりました。

 

在宅で生活するに当たり、身体状態や生活スタイルの変化により必要な栄養量が変わる事はよくあります。また、食事に対するストレスや不安から食事療法を断念するケースも見られます。

 

在宅で安心・安全・食事を楽しく食べて頂けるためにどうすれば調理の負担を減らせるのか、好きな食事や外食をどうすれば上手に取り入れる事ができるのかを一緒に考え、ご利用者様の人生に少しでもお役に立てたら嬉しいな~と改めて思った訪問でした♪

 


三重にバス旅行(上野公園⇒胡宮神社⇒教林坊)に行ってきました。

紅葉がとてもキレイで、特に教林坊のライトアップは幻想的でとても素敵でした☆

 

 

DSC_0333.JPGのサムネイル画像DSC_0329.JPGのサムネイル画像DSC_0348.JPG兜.JPG

 

 



上野城にはおしゃれな兜が展示されていました

 

 

 

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

 


 

 

 

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希